情熱に燃える青年たち

朝鮮革命の開拓期は青年運動の発端につながり、革命の高揚期は青年運動の全盛期と常に時を同じくしました。朝鮮の社会主義偉業は今、朝鮮労働党の導きの下に新たな発展の道を辿っています。

チュチェ110(2021)年1月に開かれた朝鮮労働党第8回大会は、朝鮮式社会主義の全面的発展の道のりで一大の分水嶺となる闘争と前進の大会でした。これまでもそうでしたが、昨年、青年たちは党大会の決定の実行に一斉に奮起し、僅か数ヶ月の間に数千人の男女青年が困難で骨の折れる所に勇躍志願しました。

4月に開かれた青年同盟第10回大会で敬愛する金正恩総書記は、青年たちが困難なところに志願するのは、戦時に最前線に出て敵の銃眼をわが身で塞ぐような英雄的な行いだと高く評価しました。このように深く信頼するので青年みなは心から答えています。青年たちの勢いは天をもつかんばかりです。大会以来、数ヶ月の間に20万人の青年が突撃隊を組んで、党が示した目標達成のために奮闘し、その奮闘振りは国中を青年熱で沸き返らせました。

チュチェ110(2021)年8月28日は、朝鮮の青年の祝日、青年デーが制定されてから30年になる意義深い日でした。金正恩総書記は、青年デーを意義深く記念するようにし、困難で骨の折れる所に志願した青年と模範的な青年同盟の活動家など1万人の青年を記念行事に招きました。そして祝賀文を送り、共に記念写真も撮りました。

社会主義愛国青年同盟ピョンヤン市モランボン区域委員会のリ・ソンジン副委員長のお話です。

「金正恩総書記は、革命を行う党にとって、頼もしい交代者、後続部隊、前途洋々たる若い主力部隊を持っているのは、かけがえのない一番の誇りで、元手、富だと言いました。この信頼を胸に、昨年、区域でも労働党が呼ぶ困難で骨の折れる部門に数十人が志願しました。その模範を見習って今、区域の青年皆が、党中央委員会第8期第4回総会の決定の実行に励んでいます」

金正恩総書記は、昨年、多くの青年が困難で骨の折れる部門に勇躍志願して、人々を感動させる美徳、美風の持ち主に育ったことなど、青年の勢いが大きく高揚したのはかつ目すべき政治的成果だと言いました。

青年の勢いは今年に入って一層高揚し、青年のいるところでは奇跡的な成果が達成されています。

(今日の朝鮮)

ike220214008_001.jpg
ike220214008_003.jpg
ike220214008_006.jpg
ike220214008_010.jpg
ike220214008_011.jpg
ike220214008_016.jpg
ike220214008_002.jpg
2022.03.14の記事



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-15 (火) 19:24:17