恵みの家

ピョンヤンのムンス*1地区に、昨年10月、オープンしたリュギョン歯科病院があります。病院には、口腔の病気の予防と治療のための設備と共に有能な歯科医が揃っています。

1階には、救急治療室と材料準備室、薬局、色々な口腔衛生材料の店があります。2階には外科と内科、小児科などがあり、3階には医師と看護婦の部屋があります。病院で一番大きな治療室は、2階の内科です。

ここには、移動式レントゲンと超音波歯石除去器のある最新設備のチェアユニットが取り付けられています。外科には、先進技術を導入した人口歯植え込みのインプラント治療室があります。口腔レントゲン科には多目的デンタル・カメラがあり、補綴科も設備完備です。

童心にあわせて作られた小児科の治療室は、子供たちに安定感を与えています。また、色々な乗り物が取り付けられた遊び場もあります。1階の店では、ナノ歯磨きとナノ歯ブラシ、舌ブラシなど色々な口腔衛生材料を売っています。

この総合的で現代的なリュギョン歯科病院で、人誰もが無料で治療を受け、社会主義保健医療制度のありがたさを肌で感じています。今年の3月、敬愛する金正恩元帥はこの病院を訪れて、医療サービスの実態を詳しく見ました。

では、ピョンヤン市*2テドンガン区域*3のチョンリュ*4という町に住んでいるリム・ミギョンさんにお話を伺ってみましょう。その時、病院で元帥に会ったおばあさんです。

「70歳を越した私は、リュギョン歯科病院で歯の治療を受けて何不自由なく暮らしています。ですが、その治療にも比べられない光栄に浴しました。思いがけなくも、リュギョン歯科病院を訪ねた元帥に見えたのです。その時の感動をどう表していいかわかりません。本当に夢を見るようです。その日のことが忘れられず、今もたびたび病院に行く私です。私は、リュギョン歯科病院が恵みを与える所だと思います。私のような年寄りが余生を楽しんでいるということをいつまでも話して聞かせたいんです」

昔から朝鮮人民は、五福、つまり人生の5つの福の1つに歯が丈夫なのを数えました。それで、伝統の祝日の小正月に固い食べ物を噛めば歯が強くなるという風習も伝えられてきました。

今も、リュギョン歯科病院では多くの人が治療を受け、天寿を全うしています。

恵みの家、この言葉には社会主義制度へのありがたさがそのまま込められています。

2014年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 紋繍(문수)
*2 平壌市(평양시)
*3 大同江区域(대동강구역)
*4 清流(청류)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-15 (土) 17:34:59