大漁の歌を口ずさむ

チュチェ103(2014)年11月、敬愛する最高指導者金正恩委員長がある水産事業所*1を訪れた時のことです。

魚をたくさん獲っているとのことを聞いて、嬉しい気持ちで来たと言って、金正恩委員長はすぐ埠頭の陸揚げ場に向かいました。大漁の旗をなびかせながら帰港した「タンプン」号からすくい取ったばかりの魚が陸揚げ場にどっと流れ落ちていました。

長いこと滝のように流れ落ちる魚を喜びに満ちて眺めていた金正恩委員長は、「漁港に大漁の船の汽笛」、と歌「大漁の歌」のひとくだりを楽しそうに口ずさみました。

漁港に大漁の船の汽笛
船蔵に魚いっぱい 笑いあふれる
・・・

大漁の微笑ましい光景を眺めて、人民に魚をたくさん送れるようになったのがとても嬉しくて、おのずと「大漁の歌」のひとくだりを歌ったのです。

(今日の朝鮮)

ike200111004_001.jpg
ike200111004_002.jpg
ike200111004_003.jpg
2020年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 第18号水産事業所

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-18 (火) 18:15:30