大漁の歌

img_vok201015a_01.jpg

漁港に大漁の船の汽笛
船蔵に魚いっぱい 笑い溢れる

朝鮮人民が好んで歌う『大漁の歌』、うねりの高い大海原で船蔵が満ち溢れるほど魚を獲っている喜びを歌い上げています。この歌と共に伝えられる話があります。

img_vok201015a_02.jpg
img_vok201015a_03.jpg
img_vok201015a_04.jpg
img_vok201015a_05.jpg
 

チュチェ102年(2013)12月の或る日、敬愛する最高指導者金正恩委員長が朝鮮東海岸地区の『8月25日水産事業所』を訪れました。

img_vok201015a_06.jpg

金正恩委員長は塩漬けの倉庫と冷凍貯蔵室に一杯積まれた魚を見て、「満ち溢れるようだ」と言って明るく笑いました。そして「稀に見る大漁、魚の大きな流れが生まれた。これは今後より大きな変革を予告する素晴らしい風景だ。この水産事業所に来ると喜びの笑いを浮かべずにいられない。『漁港に大漁の船の汽笛、船蔵に魚一杯』という件(くだり)がおのずと浮かんで来る」と言いました。

喜びの中、金正恩委員長が口ずさんだその日の件が、そのまま『大漁の歌』の初の件となりました。

『大漁の歌』と共に国中に社会主義の海の香りが一杯溢れ、朝鮮の海は人々に大きな利益を与える宝の海、黄金の海となっています。

img_vok201015a_07.jpg
img_vok201015a_08.jpg
img_vok201015a_09.jpg
img_vok201015a_10.jpg

(今日の朝鮮)

2020.10.15 サイト動画の音声聞き書き
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-16 (金) 21:46:06