労働者の発明家

朝鮮で労働者は生産だけでなく、技術の発展でも重要な役割を果たしています。先日、ピョンヤン鞄工場でプリントデザインに使われる白いインクの国産化に成功しました。その製造者は一般労働者のユン・チャンナムさんです。

プリント作業班で働きながら、生産に必要な色々なジグを考案しました。続けて、プリントデザインのインクを製造することに決めました。プリント材料の分野は疎いもので、研究に成功するとも限りませんでした。

そのユンさんに大きな助けとなったのは、工場に設けられた科学技術普及室でした。そこでプリント技術とインク生産の世界的なトレンドを把握し、研究に必要な最新資料を閲覧することができました*1

生産労働に専念する一方、作業の余暇や退勤後、そして休日に科学技術書に読みふけり、科学技術殿堂と人民大学習堂、教育機関、研究機関にも足を伸ばしました。苦心の研究と科学者の助けによって、ついに国内の原料でプリント用の白いインクを製造しました。

ユンさんのお話です。

「発明は特定の人に限るものだとは考えません。はっきりした目標とひたむきな努力が成功の鍵だと言えます」

(今日の朝鮮)

ike200506006_001.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 どこの国の最新資料?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-03 (水) 17:16:31