功を奏するハウス野菜農場

昨年12月、朝鮮北部に作られた近代的なチュンピョン・ハウス野菜農場で、肥培管理の科学化、集約化に努めて野菜の生産を増やしています。

管理職のキム・ギョンイルさんのお話です。

「農場では低温、低日照でも育ちのよい品種を選び、その肥培管理を科学的に行っています。先ず、管理係のスキルアップに主眼を置き、模範的なところの見学、技術の伝習など色々な形式と方法で栽培技術を身につけさせています」

農場では野菜の栽培に適した土で各棟ごとに客土を定期的に行って土質を改善しました。また、間作栽培と同時節約の技術を取り入れて単位面積当りの収量を高めています。1月中旬に初の収穫をした時からトマトは週に2回、キュウリは2日に1回収穫していますが、毎度、数百キログラムの野菜を生産しています。

農場の人たちは1棟当り、年に300トン以上の各種野菜を生産して道民の需要を満たすつもりで頑張っています。

(今日の朝鮮)

ike201107014_001.jpg
ike201107014_002.jpg
ike201107014_003.jpg
ike201107014_004.jpg
ike201107014_005.jpg
ike201107014_006.jpg
ike201107014_007.jpg
2020年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-05 (土) 19:32:33