人民が望むならそれが国策だ

共和国の全ての政策と施策は人民のためのもので、国家活動全般も総体的に見れば人民のためのことに志向されています。人民の利益を最優先、絶対視し、人民が望み、お陰をこうむることなら、無条件やり遂げるべきだ、というのが共和国の国務委員長である敬愛する金正恩総書記の意志です。

金正恩総書記は人民大衆第一主義の政治を実施しています。人民への滅私奉仕は総書記の思索と実践の起点となっています。人民がまず関心を持ち、望む切実な問題、これは総書記が一番重視し、優先的な力を入れている国家の最重大事です。

その中でも一番に数えられるのが住宅問題です。朝鮮を住宅問題を一番先に解決した国につくろうと言うのが朝鮮労働党の建設に関する政策の核心です。 これによって2021年から2025年までの5年間、ピョンヤン市にすでに建設中の1万6千世帯の住宅まであわせて、ほぼ7万世帯の住宅を、そしてコムドク地区に2万5千世帯の住宅を建設すると同時に、各道、市、郡でも年次別に住宅建設を大々的に行い、全国的な規模で不足する住宅問題を基本的に解決することが計画されています。

その第一の実体として昨年、ピョンヤンのソンシン、ソンファ地区にソンファ通りが建てられ、それとは別途にポトン川の岸辺の段々式住宅エリアがつくられて、今年4月、新居への引越しがありました。そしてこの2月、ピョンヤン市の住宅展望目標達成のための2番目の工事であるファソン地区の1万世帯の住宅建設が始まりました。

人民が望むなら全てが国策となり、国家はその達成のために励んでいます。被災地の住民の生活安定のために、国務委員長の予備の穀物が解除されて供給され、寝具と生活用品、医薬品など多くの必須物資が国家の計らいで送られています。そして国中が総出で住宅建設を短期間に終え、水害に見舞われた人たちに新しい住宅を宛がっています。

人民が求め、望むことは自分が受け持って解決してあげなければならない重要なことと見なして、現地指導を続けている金正恩総書記です。国中の人民が望むことは国策として採択され、それが徹底的に実行される過程に朝鮮人民の幸せな生活がもたらされ、子孫代々の繁栄の土台が築かれました。

人民が望み、人民が待っていることは、たとえそれが不可能だとしても必ず実践する、まさにこれに金正恩総書記の為民献身、滅私奉仕の真意があるのです。

(今日の朝鮮)

ike220516005_001.jpg
ike220516005_002.jpg
ike220516005_004.jpg
ike220516005_007.jpg
ike220516005_008.jpg
ike220516005_013.jpg
ike220516005_005.jpg
ike220516005_015.jpg
ike220516005_018.jpg
ike220516005_021.jpg
2022.06.29の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-30 (木) 20:08:07