人材が溢れるように

ピョンヤンの都心を流れる美しいテドン川*1の中洲のスク島*2には人誰もが喜んで訪ねる科学技術殿堂*3があります。チュチェ105(2016)年1月1日にオープンしました。

オープニングセレモニーの後、敬愛する金正恩総書記は殿堂の内部を見て、これが正に朝鮮労働党の構想が具現した全人民が学ぶ大殿堂、最新科学技術の普及の拠点である、人材が溢れるようにすべきだと言いました。人材が溢れる国にするのは金正恩総書記の理想で意図です。

総書記は朝鮮労働党第8回大会でも、全人民科学技術人材化を実現するために根気よく努めるべきだとし、党中央委員会第8期第2回総会でも科学技術人材を立派に育てるのに特別力を入れることを強調しました。偉大な新しい勝利のために科学技術を重視し、人材を重視することをモットーにした総書記なのです。

人材が溢れるように、これが正に近い将来の朝鮮の目標です。

(今日の朝鮮)

ike210219006_001.jpg
2021.03.04の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)
*2 艾島、蓬島(쑥섬)
*3 과학기술전당

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-05 (金) 18:32:18