不世出の総帥を詩に詠った人

共和国の歴史に時代の名作を生み出した多くの文人が名を連ねていますが、その中には金日成賞と金正日賞を受賞し、労働英雄の称号を受けたシン・ビョンガン*1さんもいます。

幼い時から詩文学に憧れていたシンさんは兵士時代に軍服務についての詩を書くことで、文壇に登場しました。そして朝鮮人民軍の将校になってから本格的な詩の創作に入りました。

シンさんに言わせますと、詩は手でなく、心で書くべき、ということです。国がとても苦しかった1990年代後半、偉大な金正日総書記は先軍革命指導で共和国と社会主義を守りました。その日々、シンさんは総書記が越えて行った険しい峰や船路も辿り、そのたびにインスピレーションが沸いたとのことです。

それで、叙事詩「チョル峰の先軍の賛歌」、「最高司令官と戦友」、「兵士を愛せよ」、「いつまでも最高司令部を仰ぐ」、「わが国の澄み切った空」、長編紀行叙事詩「古里を思う歌」、歌詞「将軍、ここは最前線です」、「信頼あって」など数百篇の叙事詩と長詩、歌詞を書きました。それらの詩でシンさんは、金正日最高司令官の偉人としての風格に魅せられたその真情を吐露しました。

叙事詩「とわなり 同志愛の歴史」ではこう詠いあげています。

・・・
汝 われを信ずるなら
われ 汝を信ずるとの
ナポレオンの言葉を叱咤し
われ 汝を信ずる
ゆえに汝もわれを信じて、と言う信頼の政治で
兵士みなを包み込む
総書記は
同志愛の最高の権化
・・・
総書記は
同志の名で手術の立会い人にもなり
患者を蘇らせようと
党中央政治局の会議も後に回した
総書記は
同志の名で
国境を越える
特別機も飛ばした
・・・

哲学的な深みがあり、心を燃やすシンさんの詩は今も広く詠われています。

シンさんの詩にため息を出す人たちに本人は「名作が生まれたのは私が才能に長けているからではなく、金正日総書記の革命活動の歴史が涙ぐましく、偉大なものであるからでしょう」と言ったのです。

(今日の朝鮮)

ike211120055_001.jpg
2021.12.23の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 신병강

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-24 (金) 19:46:51