三大部門の一つ、水産業

カン・ソンヒ(カン・ソニ):今日は『三大部門の一つ、水産業』というテーマでお話しようと思いますが

キム・ソンチョル*1:はい。朝鮮では水産業の発展、これが重要な政策となっていますね。

カン・ソンヒ:はい。朝鮮は3面が海に面していますからね。それで朝鮮労働党第8回大会では水産部門を、人民の食生活に直結した三大部門の一つと決めています。そしてその発展の為の方途も協議した訳です。

キム・ソンチョル:はい。水産部門で漁船と漁具を近代化し漁労産業の科学化、そして水産事業所と船舶修理工場をきちんと整える事等が強調されました。

カン・ソンヒ:共和国では集団的技術革新運動…。

キム・ソンチョル:えぇ、担う技術を革新するのに参加させる、という事ですね(上記カン・ソンヒさんの言葉を補完する為に割って入る、という演出)。

カン・ソンヒ:はい、そうです。集団的技術革新運動で漁場の探索・漁況の予報・生産の手配のIT化に取り組み、衛星情報データー*2と科学的な探索技術を大いに活用させています。そして漁労作業の主な手段である漁船と漁具を近代化し、進んだ漁労方法も積極的に取り入れています。また水産事業所と船舶修理工場の物質的・技術的土台を固めるのに力を入れています。

キム・ソンチョル:はい。水産物の生産を系統的に増やす事も強調されているでしょ?

カン・ソンヒ:はい。国の水産資源を保護・増殖し、大々的な養殖で水産物の生産を系統的に増やす事も強調されています。

キム・ソンチョル:水産資源の保護・増殖は国の水産業の発展に関わるとても重要な事、一時(いっとき)も止めてはならない愛国事業ですからね。

カン・ソンヒ:ご尤もです。国の至る所に造られた放流漁業事業所と各地の養殖・種苗施設で稚魚を河川と湖、貯水池と海に計画的に放流し浅海養殖にも力を入れて、コンブとイガイ・ホタテガイ・ナマコとカキの資源を増やしています。

キム・ソンチョル:はい。水産資源の保護を増殖の基礎となる人工授精技術、海洋動植物の培養技術も更に発展させています。

カン・ソンヒ:はい。農産と畜産と共に水産業を発展させて人民の食生活の問題を解決し、人民生活を更に向上させるのは朝鮮労働党の意図する処ですよね。

キム・ソンチョル:そうです。

カン・ソンヒ:只今まで『三大部門の一つ、水産業』というテーマでお話しました。

(政策)

2021.04.17 サイト音声の聞き書き
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 以前、校閲担当として登場した人と同じ声なので、番組内で名乗っていないけどキム・ソンチョルさんとしておきます。
*2 この情報は北朝鮮が打ち上げた衛星から?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-18 (日) 20:54:46