平壌時間と老学者

チュチェ104(2015)年8月15日、この日は日帝の植民地支配から国が解放されて70年になる節目の日でした。この日の零時、前より30分遅く定めた時間、真の意味での朝鮮の時間に合わせてピョンヤン鐘が鳴り響きました。

朝鮮人民誰もがそうでしたが、金日成総合大学生命科学部の講座長だったチェ・ヨンヒさんの感激と喜びはひとしおでした。それもそのはず、チェさんは朝鮮の標準時の制定に寄与した人の一人でした。

チェさんが朝鮮の時間を研究し始めたのは数十年前、植物の生理についての研究課題を受け持ったときからでした。当時、朝鮮ではチュチェ農法の要求どおり、とうもろこしの栄養ポットを移植するとき、株が畝間の方向へ向かって東西両側へと張るように植えていました。こうすると、収穫高を上げることができました。

チェさんは植物のイオン代謝と根の生理学の研究で優れた成果を収め、数回もの国際学術討論会に参加しています。こうした経験を生かしてチェさんはとうもろこしの生理的基礎を研究しました。その過程に朝鮮で正午に太陽が南中しないこと、つまり、当時の時間に問題があることを発見しました。

チェさんは朝鮮の時間の研究課題を進んで受け持ちました。授業と植物生理の研究の傍ら、時間の研究も進めるとなると、いつも足りないのはやはり、この時間でした。チェさんは人民大学習堂で数万ページの文書を読みあさり、地理と天文、歴史学者たちと議論を戦わしました。

その過程に20世紀はじめ、朝鮮を占領した後、朝鮮の古い歴史と輝かしい文化を歪曲し蹂躙して、言葉と文字、朝鮮人の氏名まで奪った日帝が昔から使ってきた朝鮮の標準時まで奪ったという資料を解明しました。

その後、教授、博士のチェ・ヨンヒさんをはじめ貫禄ある研究者からなる研究チームは日帝が朝鮮の標準時を強盗さながらの方法で奪った資料を考証したのについで、朝鮮の標準時は国の地政学的位置にあうよう、東経127度30分を基準とする時間であることを科学的に明らかにしました。

国ではこの研究の成果を踏まえて共和国の標準時をピョンヤン時間と命名しました。チュチェ105(2016)年、チェさんはピョンヤン時間の制定に寄与した功労を買われ、アカデミー会員候補になりました。

数年前から定年退職ということで、もう、孫に甘えられ、ゆっくりくつろぐこともできましたが、チェさんは研究に打ち込みました。チェさんは国内の天然の材料で先端技術製品である機能性石材を開発して国内特許を取得し、人体の各種病気の診断法を科学的に解明した本も著しました。

アカデミー会員候補、教授、博士チェ・ヨンヒさんのお話です。

「まだまだすべきことがたくさんありますね。本当に時間がありません。寸暇を惜しんで研究してもきりがないほどです。これからもピョンヤン時間に心臓の鼓動を合わせて愛国一筋に生きるつもりです」

IKE170719009_001.jpg
IKE170719009_003.jpg
IKE170719009_004.jpg
IKE170719009_005.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-13 (日) 16:16:10