チョンミョン

チョンミョン清明というのは万物が清く陽気になる、つまり、この日から春日和が始まるという意味です。24節季の一つであるこのチョンミョンの日が今年は4月4日に当たります。

昔からチョンミョンの時は農業の第一工程である種まきに一番適した季節でした。祖先はチョンミョンの前に稲の種を水に漬けて苗代に蒔きました。大豆と小豆のような畑作もこのごろに種まきが始まりました。

自家菜園とその周辺にかぼちゃと大根、ちしゃ、唐辛子、ねぎなど様々な野菜の種も植えました。そして庭にホウセンカやヒャクニチソウのような花の種も植え、家の外と中をきれいに掃き清めました。

社会科学院のフォークロア研究所の研究者シン・グァンイルさんのお話を聞いてみましょう。

「チョンミョンの日に朝鮮人民は祖先の墓参りをしたり、遺骨を移したりしました。晩秋から冬にかけて傷つけられた部分をきれいに直し、芝を移植したり、石碑を建てたりしました。墓とその周辺をきれいにした後は墓の前で法事を行い、一家親族が車座になって用意してきた食べ物を食べながら逝った人を追憶したりしました」

このように朝鮮にはチョンミョンの日に合わせて田畑に種を蒔き、祖先の墓参りをする昔からの慣わしがあり、これには勤勉で高尚な朝鮮人民の民族性がそのまま表れています。

(観光)

ike210303063_001.jpg
2021.04.04の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-05 (月) 19:19:46