コリョ薬の開発に打ち込む

朝鮮で伝統医学のコリョ医学の発展に力を入れています。医療従事者たちは治療にコリョ薬剤を大いに活用しています。

その中には金日成総合大学ピョンヤン医科大学研究室のチャン・ヨンヒ主任もいます。チャンさんは40年近く、人民の健康増進のためのコリョ薬と健康食品の開発に知恵と情熱の限りを尽くしました。

数十年前、当時のピョンヤン医科大学の東医学部の東医研究室に大学を出たばかりの娘が配置されました。20代の娘のチャン・ヨンヒさんでした。チャンさんは民族の大切な遺産であるコリョ医学で、難病を治療する高い目標を掲げて、コリョ薬の開発に取り掛かりました。

初の研究目標は痙攣発作が基本となっている病気治療のためのコリョ薬の開発でした。「東医宝鑑」など古書を読みあさり、痙攣発作に効目があるという百数十種のコリョ薬の材料を選んで処方し、基礎的な実験を行いました。

チャンさんは実験室で夜を明かし、研究に打ち込みました。研究を始めて10年目にいよいよ薬の開発に成功しました。次いでチャンさんは開発したコリョ薬を使いやすいものにするための研究に取り掛かりました。チャンさんの初の研究の成果は大きな反響を呼びました。

しかし、チャンさんはこれに慢心せず、またもや胃潰瘍の治療のための新しいコリョ薬の開発に着手しました。試行錯誤を繰り返し、時にはコリョ薬の材料を求めて全国各地を巡り歩いたりしました。

道をさまよったり、名も無い山の中で倒れたりしたのも1度や2度ではありませんでした。チャンさんは強い意志で、困難を乗りきり、またもや効能の高い胃潰瘍の治療薬を開発しました。

チャンさんは個人の名誉より、人々の健康を先ず思い、陰日なたなくひたすら人民の健康増進のためのコリョ薬の開発に励みました。最近は糖尿病の治療によく効く新しいコリョ薬を開発して、臨床に導入しました。

チャンさんのお話です。

「これからも効能の高いコリョ薬をより多く開発して、人民の健康増進に役立てるつもりです」

(今日の朝鮮)

IKE180906012_001.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-15 (月) 15:17:45