コリョ治療の名医

ピョンヤンのテドンガン区域*1チョンリュ総合診療所*2に、コリョ治療の名医がいます。30代のリ・グクイルさんです。医師の家庭に生まれたリさんは、子供の頃から医師になることを望みました。

リさんのお話です。

「私がコリョ治療に興味を持ったのは幼い時からでした。その時、祖母から『東医宝鑑』についての話や、父と母が針灸療法で顔面神経麻痺と慢性消化器疾患の患者を治したという話を聞いて、コリョ治療の不思議な効果について分かりました」

コリョ医学の博士である母の治療法に魅力を感じたリさんは、物心がついてから、母に師事して伝統医学の知識を学びました。大学時代に「東医宝鑑」、「医方類聚」など医学関係の古書と現代医学の書籍に読みふけり、コリョ医学について自分なりの明白な見解を持ちました。卒業後、医師として住民に対する医療ケアに従事する一方、臨床を通じて学んだ知識を強固にし、熱心に医学を修めました。医師になって間もなく、患者の体質を正しく判断して病気を診察する特技を身につけ、名医として名を売りました。

慢性膵臓炎を長く患った患者と心臓弁膜機能障害で手術を受けなければならなかった患者がコリョ薬と灸、吸いふくべ療法で数ヶ月ぶりに完治し、糖尿病と高血圧の合併症で見込みがないと言われた患者が2ヶ月間のコリョ治療で快方に向かいました。このように、これまでリさんから治療を受けた患者は数千人に上ります。

リさんは、朝鮮民族の伝統の医術を一層輝かせ、人民の健康増進に寄与する一念で、医療ケアに一層精を出しています。

(今日の朝鮮)

ike200410013_001.jpg
2020年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同江区域(대동강구역)
*2 清流総合診療所

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-14 (木) 21:16:53