「江西郡誌」

カンソ地方の歴史遺跡と景色などを紹介した歴史書である「カンソ郡誌」です。

この本にはカンソ薬用鉱泉の由来も紹介されています。その内容を見ますと、250数年前、当時のカンソ郡*1所在地から西南方へ1キロほど離れた所に毎朝、一羽の鶴が飛んできたといいます。

鶴は水田の真ん中に飛び降りて身を洗ったり、水を飲んだりしましたが、これを不思議に思った人たちがその場所を掘ってみたとのことです。少し掘ってみると3種の珍しい水が湧き出たといいます。

このように奇妙な縁で発見されたというカンソ鉱泉は今も、人々の健康増進に広く利用されています。

(フィーチャー)

ike201129009_001.jpg
2020年の記事
 
どこにもあるミネラルウォーター工場朝鮮の有名な薬用鉱泉
オクリュ・ミネラルウォーターピョンヤンの「宝の水」
カンソ・ミネラルウォーターミネラルウォーター工場を訪れてカンソ鉱泉工場カンソ薬用鉱泉乾くことのない泉人民愛の工場
サムバン峡谷(サムバン・ミネラルウォーター)
ヤクサン・トンデヤクサントンデ
リョンアク山ミネラルウォーターリョンアク山ミネラルウォーター工場リョンアク山のミネラルウォーター至るところにミネラルウォーター工場を!気高い人民愛(龍岳山ミネラルウォーター工場)水の味まで「長寿のミネラルウォーター」
ミネラルウォーターのボトル:人民愛の権化総書記は人民だけを思いました


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江西郡(강서군)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-14 (月) 21:01:34