2020年02月08日ニュース抜粋

敬愛する最高指導者金正恩委員長に中国の団体から花かごが送られました

敬愛する最高指導者金正恩委員長に朝鮮人民軍創建72周年に際して、7日、中国北京朝亜国際文化交流センターから花かごが送られました。

ネパールとベネズエラの新聞、通信が朝鮮人民軍創建72周年を大きく取り上げました

ネパールとベネズエラの新聞、通信が朝鮮人民軍創建72周年を大きく取り上げました。

ネパールの新聞「ゴルカ・エクスプレス」4日付は、太陽のように明るく微笑む偉大な金日成主席の写真と共に「不抜の朝鮮人民軍」という記事を載せました。

記事は、朝鮮人民軍はいかなる大敵も手出しできない無敵の強兵として名を馳せているとし、その秘訣ついて次のように書いています。

第1に、卓越した総帥たちを戴いたからだ。朝鮮人民軍の創建者で、1世代に日米の両帝国主義を打ち倒した金日成主席は世界が認める名将だ。金正日総書記は独創的な先軍政治を行い、帝国主義との砲声のない戦争で連戦連勝した世に稀な総帥だ。先代の指導者たちの思想と偉業を引き継いだ金正恩最高司令官は秀でた軍事的英知と非凡な用兵術、無比の胆力をもつ名将の中の名将だ。第2に、朝鮮人民軍の底知れない政治・思想的、軍事的威力にある。第3に、朝鮮人民軍の将兵一致、軍隊と人民の大団結にある。

ベネズエラのボリバル通信も2日、英雄的朝鮮人民軍の不抜さの要因について詳細に伝え、軍隊と人民が同じ家庭、実の兄弟のように互いに助け合い、志と運命を共にするのが今の朝鮮社会の真骨頂だと述べました。

ペクトゥ山地区の革命戦跡地の解説係たちの決意の集いがペクトゥ山頂で行われました

ペクトゥ山地区の革命戦跡地の解説係たちが7日、父祖の山ペクトゥ山に登りました。

ペクトゥ山頂で解説係の決意の集いがありました。

朝鮮労働党リャンガン道委員会ソン・ソクポン副委員長と関係者がこれに参加しました。

集いで発言した人たちは、敬愛する最高指導者金正恩委員長は、革命の命脈が脈打ち、尽きない愛国熱たぎるペクトゥ山地区の革命戦跡地に深遠な志と足跡を残し、革命伝統教育の大綱領を示した、歴史的な朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会が示した正面突破に関する思想とペクトゥの不屈の革命精神を解説に貫かせて朝鮮革命の万年の礎であるペクトゥの革命伝統を永遠に守り、輝かすべきだ、こう述べ、革命伝統教育の大露天博物館であるペクトゥの聖地を守る労働党の思想戦線の第一線に立たせた党中央の信頼に報いる決意を述べました。

集いでは国中の勤労者に送るアピールが発表されました。

アピールは、ペクトゥ山地区の革命戦跡地巡りを通じての革命伝統教育の旋風を巻き起こした党の気高い意図に則り、ペクトゥの革命伝統でしっかり武装し、ペクトゥ山精神で果敢な正面突破戦を力強く繰り広げて勝利の進撃路を開いて行こうと呼びかけています。

国中の革命事績部門の人たちのペクトゥ山地区の革命戦跡地、革命史跡地巡りの行軍が始まりました

国中の革命事績部門の人たちのペクトゥ山地区の革命戦跡地、革命史跡地巡りの行軍が始まりました。

行軍のスタート式が6日、サムジヨン大記念碑の偉大な金日成主席の銅像の前で行われました。

スタート式では発言がありました。

スタート式の後、一行は抗日の激戦地への行軍を始めました。

スポーツ施設の管理、運営で革新を起こしています

朝鮮の体育省のスポーツ施設管理局で、スポーツ施設の管理、運営で革新を起こしています。

昨年、自力で設けた塗料生産工程で良質の塗料が生産され、チョンチュン通りの重量挙げ競技館、卓球競技館などの面貌が一新されました。

チョンチュン通りの水泳競技館では、新たな水質分析システムを導入し、競技館の管理、運営の科学かを高めました。

チョンチュン通りの各競技館に新しく導入された負荷電力管理システムは、電力の供給と消費のバランスをとり、照明や室温、水温保障など選手の訓練と競技の条件を効率的に保障しています。

人民野外スケート場の従業員は、アイスバーン造りに切要な蒸発器を独自の方式で製作しました。

朝鮮で新型コロナウイルス感染症の予防に取り組んでいます

朝鮮各地で新型コロナウイルス感染症の予防により積極的に取り組んでいます。

中央非常防疫指揮部では、新型コロナウイルスの伝播を防ぐための各分科の職能と任務分担を新たにし、役割を高めるように厳しく監督し、各非常防疫指揮部の活動状況を毎日、厳格に総括しています。

各病院に新型コロナウイルス感染症の予防治療に関する参考書を配布し、オンライン医療ケアシステムを通じて各治療予防機関に対する技術講習も着実に行っています。

ピョンヤン市非常防疫指揮部をはじめ各地の非常防疫指揮部では、すでに入国した人たちを綿密に調査し、無条件、医学的監視と検診を受けるようにしています。

各地の衛生防疫所では、必要な物質的技術的土台を築き、待機態勢を保っています。

「労働新聞」に社説が載りました

8日の「労働新聞」に朝鮮人民軍創建72周年に際して、「朝鮮人民軍は労働党の偉業に限りなく忠実な革命的武力である」という社説が載りました。

社説は、偉大な金日成主席がチュチェ37(1948)年2月8日、朝鮮人民軍を創建したのは、チュチェの革命偉業遂行で画期的な意義を持つ歴史的な出来事だった、抗日の伝統を引き継いだ主体的な正規軍が誕生し、国の自主権をしっかり守り、ペクトゥの大業を立派に実現できるしっかりした武力的保証がもたらされた、金日成主席と金正日総書記のとわに輝く軍隊建設の業績、富国強兵の業績を守り、輝かせてわが祖国を誰も手出しできない軍事強国に輝かせるのは、敬愛する最高指導者金正恩委員長の揺るぎない意志だ、70数年の長い間、強大な敵と立ち向かい、全面戦争でも、砲声のない対決でもいつも勝利だけを轟かしたのは、英雄的な朝鮮人民軍の目覚しい功績だ、偉大な党の思想と指導に忠実に従う英雄的朝鮮人民軍があって朝鮮革命の前進速度はさらに早まり、わが共和国はとわに繁栄し、強大になるだろう、と述べています。

2020.02.08の記事
 

ニュース抜粋2020


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-09 (日) 19:24:41