茸の生産で重視したこと

ピョンヤンには、人民に美味しく栄養価たっぷりの茸をたくさん食べさせようと心を砕く敬愛する金正恩総書記の発案によって建てられた農業委員会直轄の中央茸研究所があります。

チュチェ102(2013)年10月18日に竣工しました。竣工を控えた10月7日、金正恩総書記は研究所を現地指導しました。総書記は最新科学研究の設備と条件が完備し、集塵化、無菌化が実現した研究所の各所を見てとても喜びました。

研究者のユン・ビョンサンさんのお話です。

「研究所を訪れた日、金正恩総書記は、茸の生産の工業化を盲の探り当てのようにでなく、科学技術に頼って実現すべきだ、そのため近代的な中央茸研究所を建てるようにしたと言いました。そして、国のいたるところに能力大の茸栽培工場を大々的に建てるようにしたが、これから茸の生産で中央茸研究所の役割がとても重要だと強調しました。雨の日も厭わず長いこと研究所の中と外をみな見て、総書記は科学研究の高い成果で、研究所を人民が実際におかげを被る科学研究の場にしようと念を押しました」

茸の生産を増やして人民の食生活に潤いをもたらそうと、茸の生産の工業化を重視する総書記でした。

今、朝鮮にはピョンヤン茸栽培工場、リュギョン茸栽培工場など多くの茸栽培工場が所々に建てられて、茸の生産の工業化が実現しました。

(今日の朝鮮)

ike220211006_001.jpg
2022.03.12の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-13 (日) 19:10:39