発展の早道

金正淑ピョンヤン製糸工場はピョンヤンの風光明媚なテドン川の辺にあります。一生涯、人民の衣服のことで腐心した偉大な金正日国防委員長の不滅の足跡が印されている工場です。

チュチェ98(2009)年1月15日、4度目に工場を訪れた国防委員長は人民により良い服を着せるべきだとし、生産工程の近代化を実現して良質の絹糸をより多く生産することを頼みました。工場の従業員は生産工程の近代化の実現を発展の早道と見なし、英知を出し合ってイノベーションに励み、懸案を自らの力と技術で解決しました。

絹糸の生産の主原料である繭を充分確保し、自力で設備の部品などを造って生産を正常化しました。ライン化された繭の選別機と大容量のコンテナー式の冷凍庫を自力で製作するなど設備の高速化と近代化で多くの成果を収めました。

生産性アップと省力、節電に主眼を置いて生産工程の改造を根気よく進めて、絹糸の生産の科学化のレベルも著しく高めました。また、工場の姿を一新するためのスケールの大きい工事も行って、工場の内部は宮殿のように、外は公園のように変えました。

その日々に生産と経営活動では右肩上がりの実績が見られ、工場は国中のモデル工場となりました。

(文化―くらし)

ike221110015_001.jpg
2022.12.04の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-12-05 (月) 21:31:01