異色の写真の手紙

チュチェ102(2013)年12月16日付の朝鮮労働党中央委員会の機関紙「労働新聞」に「8月25日水産事業所」を訪れた敬愛する金正恩元帥の写真が載り、見る人みなの胸を熱くしました。

12月の冷たい風の吹く中、この水産事業所を訪れた金正恩元帥は貯蔵庫ごとに一杯の魚を見て大きな満足の意を表し、明るい笑みを浮かべました。事業所の各所を見ていた元帥は塩漬けした魚の貯蔵庫に入り、タンクに溢れんばかりの魚を見て大したものだ、魚の洪水そのものだと何度も言いました。そう言っていた元帥は貯蔵庫一杯の魚を見るとここから離れたくないと言い、軍人たちに供給する魚を背景に写真を残そうと言いました。

そして、回りの人たちがその場を取り繕う間もなく、湿気と塩気が染み付いたさほど清潔でもない場所に何の気兼ねなく座りました。随員たちは面食らいました。そうする人たちを眺めていた元帥は大丈夫、早く写真を撮ろうと言いました。兵士たちに魚をふんだんに食べさせるようになったことが余りにも嬉しくて魚一杯の貯蔵庫に気兼ねすることなく座り、写真を撮る元帥を仰ぎ、感動を抑え切れない随員たちでした。

この日、冷凍魚の貯蔵庫にも入った元帥は、天井すれすれにまで積まれている魚を見てとても喜び、ここでも写真を撮ろう、こんなところで写真を撮ってこそ写真を撮る楽しみがあると言いました。写真を撮った元帥はどの部隊へ行ってみても魚の匂いがし、軍人たちの体から生臭い魚の匂いがするほど日常的に食べさせているとのことだが、どんなに良いことか、軍人たちの体が丈夫になるだろう、もりもりと元気が出るだろうとたいそう喜びました。

随員たちは始終明るく微笑んでいる元帥に、部隊の軍人たちが里にいる時より魚をもっとたくさん食べているが、このようなことをしたためて里に手紙を出したら親たちはなかなか信じないだろうと楽しげに言いました。それを聞いた元帥は、私が魚の山の前で撮った写真を見れば信じるだろう、故郷の親たちがどんなに喜ぶだろう、その甲斐あって革命を行うものだと熱く言いました。

私たちが信じるのは大砲やロケットではなく、愛する兵士たちであり、兵士のために指揮官も、最高司令官もいると言った元帥の熱い思いやりが元帥の撮った記念写真にそのままこめられていました。

景色の美しい自然風景でもなく、モニュメンタルな建造物でもない、魚が山のように積んである素朴な場所で撮った異色の記念写真。それは愛するわが子を人民軍に入隊させた国中の親たちと留守家族に送る最高司令官の写真の手紙でした。

2014年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-11 (土) 00:15:48