浅海養殖を大々的に

呉英淑(オ・ヨンスク):朝鮮労働党第8期第4回総会では水産部門で養殖を大々的に行って、水産物の生産量を次第に引き上げるという課題が与えられています。朝鮮には浅海養殖に有利な条件が整っており、東海岸と西海岸の多くの所に浅海養殖場が設けられています。

水産物の生産を増やし人民の食生活に潤いをもたらす為、朝鮮では浅海養殖が大々的に行なわれています。耕地面積が限られている朝鮮の条件で浅海養殖は非常に収益性が高い分野です。それは浅海養殖が養殖用資材を上手く利用するだけで、数年続きの利用が可能というメリットがあるからです。

朝鮮では海洋汚染の防止と生態環境の保全に力を入れています。今、世界的に水産資源が減っている主な原因は地球温暖化と異常気象と共に、工業廃水のような汚染物質が川や海に流れ込んで生態環境を破壊している為です。朝鮮ではクリーンな生態環境を保存する為養殖用施設を制作して入れると共に、人工漁礁の造成をビジョンを持って推し進めています。

一方、養殖品種を増やして水産物の生産を高めています。朝鮮の海洋条件に合いながら早く育ち収益性の高い養殖品種の研究と開発に力を入れています。また各種の稚魚の飼育を工業化・専門化して海と川・湖に多く放流しています。そしてコンブとイガイ・ナマコ等の混合養殖を行なって収益性を高め水産資源も増やしています。

2021年から2025年までの5ヵ年計画期間、人民が待ち望み喜ぶ実際の結果を必ず引き出そうというのが朝鮮労働党の揺るぎ無い決心です。

(政策)

2022.04.20 サイト音声の聞き書き
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-04-21 (木) 20:34:40