栽培経験を積んでいる

共和国の多くのところに野菜生産のためのハウスがつくられています。そこではハウスでの野菜生産をハイレベルに引き上げるためのよい経験が交わされています。特に、ピョンヤン市*1の各農場が、ハウスでの野菜生産の科学化、集約化のレベルアップを図って、実情に応じた栽培方法を広く取り入れています。

マンギョンデ区域*2野菜ハウスでは、ハウスの各棟に空間栽培枠を導入して、立体的に作物を栽培し、野菜生産で成果を収めています。

サドン区域*3チャンチョン野菜専門協同農場*4では、ハウスの作物を合理的に配置して、単位面積当たりの野菜の生産を大幅に増やしています。ここの従業員は、段階別に苗を育て、間作栽培で土地を無駄なく利用して、収量を上げています。

環境管理と肥培管理に力を入れているラクラン区域*5チュンダン野菜専門協同農場では、太陽光を効率よく利用して、作物の生長に必要な温度を十分保障しています。

職員のキム・グァンミョンさんのお話です。

「苗を移植する前に、鶏やアヒルの糞などを充分熟成させて自給肥料をつくり、ヘクタール当たり30トン以上施して、土壌の有機質の含量が高まりました。光と温度、有機質含量の三拍子が揃ったので、果菜類と葉菜類など全ての作物がよく育っています」

ピョンヤン市の各ハウスでの合理的な栽培方法は、多くのところで野菜の生産を増やせるよい経験となっています。

(今日の朝鮮)

ike210409011_001.jpg
ike210409011_002.jpg
ike210409011_003.jpg
ike210409011_004.jpg
2021.05.16の記事
 

チャンチョン野菜専門協同農場モデルケースの農場に造る深い印象を受けました(3)恋しさ募る7月です収穫の期日を早める祝日にも生涯を田畑で人民の幸せに喜びを見出して朝鮮労働党―社会主義文化農村都会的な協同農場恵まれた大地に響く人民の笑い声野菜農場が伝える話直々送ったニラの種真冬にも新鮮な野菜を年中新鮮な野菜を供給しよう



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 万景台区域(만경대구역)
*3 寺洞区域(사동구역)
*4 将泉野菜専門協同農場(장천남새전문협동농장을、장천남새전문협동조합)
*5 楽浪区域(락랑구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-17 (月) 20:28:27