愛国の熱意を示した青年たち

チュチェ110(2021)年1月にあった朝鮮労働党第8回大会は、国家経済発展のための新たな戦略を明示しました。国家経済発展5ヵ年計画達成の初年度の今年、朝鮮の青年たちはいつにも増して愛国の熱意を強く示しました。

朝鮮労働党第8回大会以後、全国的に多くの青年が人民経済の困難で骨の折れる部門に勇躍志願し、社会主義建設で進撃の突破口を開いています。ナンポ市内の140人あまりの青年が同時に農村に進出したのを皮切りにして、国中の多くの青年が金属、石炭、採掘工業部門と社会主義農村を始め人民経済の困難で骨の折れる部門に志願しました。

そうした中、4月末、青年同盟第10回大会が盛大に催されました。大会では、青年のみなが社会主義を命のように大事にし、その勝利のため代を継いで強く闘う愛国青年になり、青年同盟が社会主義建設で突撃隊の威力を全面的に発揮することを願う朝鮮労働党と朝鮮人民の期待を込めて、青年同盟の名を社会主義愛国青年同盟に改めました。社会主義愛国青年同盟、その旗がなびくところでは青春の愛国の熱意が強く示されています。

困難で骨の折れる部門に勇躍志願する青年が日増しに増え、それは8月にいたって、1万人近くに達しました。その中には、青年同盟の活動家も、ピョンヤンの青年もおり、高級中学校、大学を卒業して社会に第一歩を踏み出した青年と自分の安逸と享楽だけを望んで暮らした過去と決別し、人生の再出発を決心した青年もいます。年齢と職業、生活経緯はまちまちですが、もっとも困難で骨の折れるところで、国と人民のため青春を捧げるのが皆の一様な考えでした。

8月28日の青年デーに、朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長の金正恩同志が、社会主義建設の困難で骨の折れる部門に志願した青年たちに祝賀文を送り、その将来を祝福しました。

社会主義愛国青年同盟ピョンヤン市マンギョンデ区域委員会のパク・チュヒョン委員長は語ります。

「金正恩総書記は祝賀文で、世界のいたるところで青年が貪欲と享楽だけを思って首都へ、都市へと集まる時、首都の市民証書を派遣証書に替えて炭鉱、協同農場に進出し、都会を離れて大建設の現場と島の村に進んで行く青年は、社会主義の国に育った朝鮮の青年だけだと高く評価しました。これは朝鮮労働党が青年に与える最大の信頼の表れだと思います。それで、第8回党大会以後、ピョンヤン初の志願者が出たマンギョンデ区域内の青年の中で、総書記の祝賀文を受け取り、またまた数十人が困難で骨の折れる部門に志願しました。朝鮮労働党の呼びかけにいつも実践で答えた前の世代の青年の精神と気迫が今も引き継がれています」

愛国という二文字で綴られた勝利の年、2021年を送る朝鮮の青年は、社会主義の新たな勝利を達成する道に青春の英知と情熱、力を全て捧げる思いで胸を燃やしています。

(今日の朝鮮)

ike211112061_001.jpg
ike211112061_002.jpg
ike211112061_003.jpg
2021.12.28の記事



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-29 (水) 18:59:16