恵まれた朝鮮の女性たち

朝鮮で11月16日は母の日です。この日になると息子、娘たちは母親に美しい花を送るなどして祝ってあげます。このお祝いの花束にも敬愛する最高指導者金正恩委員長の熱い思いやりが込められています。

チュチェ101(2012)年9月、ピョンヤン草花研究所を訪れた金正恩委員長は草花の研究と生産の状況を調べ、花は文化の象徴で、勤労者の文化生活で重要な意義があるとし、国家的に母の日が制定されただけに、この日に花を買って母たちに上げれば喜ぶでしょうと言いました。そして、初の母の日を控えたある日には様々な記念カードも発行するようにし、カードを年賀状のようにデザインと印刷を立派にすることについても教えました。

金正恩委員長の細やかな関心の中、いたるところに設けられたフラワー販売店とカード売店にはいろいろな美しい花や多様な記念カードがいつもたくさん置かれ、訪れる人々を喜ばせました。

これだけでありません。

第4回全国母親大会を準備していたチュチェ101(2012)年11月のある日のことです。乳飲み子を持つ母親の代表のことが論議の的となりました。それは赤ちゃんを抱えて大会に参加できるだろうかということでした。

このことを知った金正恩委員長は乳飲み子を持つ代表たちも大会に参加できるよう、宿舎に託児所を設けるよう恩情こもる措置を講じました。宿舎に特別の託児所が設けられたという感動的な知らせに接した代表たちは金正恩委員長の細やかな配慮に感激し、目頭を熱くしました。

このように朝鮮の母親たちは指導者の関心と恩情の中、恵まれた人生を送っています。

(今日の朝鮮)

IKE181001005_001.jpg
2018年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-15 (木) 20:10:20