少年団代表たちの笑い溢れる中央動物園

朝早くから中央動物園の前はカンウォン道*1少年団代表たちを歓迎する人々で賑わっていました。

さっそく、中央動物園副園長のシン・ガンホさんにマイクを向けてみましょう。

「中央動物園を訪れた朝鮮少年団創立66周年記念行事の代表の皆さんを熱烈に歓迎します。動物園では、面白い動物のアクロバットや花馬車が代表の皆さんを待っています」

従業員皆が少年団代表たちが心行くまで楽しめるよう真心を尽くしているとのことです。たちまち、動物園全体が子供たちの笑い声、歓呼の声に包まれました。

花で飾られたきれいな馬車が次々と子供たちを乗せて走り、あっちこっちの動物舎から笑い声が上がりました。一番の人気者はやはり象とオットセイです。

「カンウォン道ヘヤン郡*2チョンジン中学校のチョ・スンジョンです。あの象たちが私たちに礼儀正しく挨拶しています。たぶん、中央動物園を訪れた私たちを歓迎してるんでしょう」

「カンウォン道トンチョン郡*3チゴク中学校のユン・クムグァンです。あのオットセイのボール捌きを見ていますと、水球選手みたいですね。僕のクラスは学校一番の水球チームです。あのオットセイ、うちのチームの選手に連れて行きたいな」

どっと笑い声が上がりました。

動物のサーカス場にも行って見ました。こちらでも笑い声が絶えません。

副園長のお話です。

「この5月、敬愛する金正恩同志が朝鮮少年団代表たちの見学コースに入っているこの中央動物園を訪れました。長い時間をかけて動物舎を一つ一つ見て回りましたが、次の世代を大事にするその気高い思いがうかがわれ、胸が熱くなりました」

カンウォン道パンギョ郡*4リョンチョン中学校のパク・リョングクさんにお話を伺いました。

「少年団代表に寄せる敬愛する金正恩先生の愛情をいつも忘れず、学習と組織生活に一層精を出すつもりです。こうして金正恩先生の意志通り、未来の担い手にしっかり育ちます」

まだまだ年が行かなくて全部は知らなくても、中央動物園に溢れる笑い声が金正恩先生のご恩によるものだということは良く知っている子供たちです。

金正恩先生への感謝の歌がピョンヤンの空へ高らかに響き渡っています。

2012年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江原道(강원도)
*2 淮陽郡(회양군)
*3 通川郡(통천군)
*4 板橋郡(판교군)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-29 (水) 20:15:39