実益がある工場

ピョンヤンに保健酸素工場があります。つまり、医療用酸素を生産する工場です。さほど大きくない工場ですが、人民の生命を守り、健康増進に大いに役立っています。と言うことで、小さくても大きい工場、と親しく呼ばれています。

運転係のチャン・リョンハクさんのお話です。

「工場は交通が便利で、またこのようにクリーンな空気が漂う林に囲まれています。工場で生産される良質の医療用酸素は100余りの所に送られ、患者の治療に利用されています。操業して3年しかならない工場ですが、ここで生産される医療用酸素は多くの病院で救急患者と重患の蘇生率を著しく高めるのに役立っています」

工場の入り口で異色のマークと標識が見られます。葉の模様のマークには、木の葉が出している天然の酸素と全く同じ高純度の酸素を生産する工場だという意味があり、水滴の模様の中の化学記号の酸素の標識は、気体酸素だけでなく、液体酸素も生産し、供給する工場だということを意味します。

酸素分離機のコントロール室では運転係がコンプレッサーから吸い込んで圧縮された1000立方の空気が、各系統を通る過程に液体酸素がつくられる工程をリアルタイムで監視しています。運転係は強い責任感を持って設備をきちんと管理しています。そしてイノベーションにも加わって、冷却水ポンプの部品を自らの資材と技術で新たに製作しました。

この他、関係機関の技術者と協力して、酸素の生産と充填、供給などの経営活動をリアルタイムで把握し、イノベーションに必要な色々な技術革新案を受け入れて、生産正常化の土台をしっかり築いています。多くの従業員が遠隔教育を受けており、科学技術普及室を通じて新しい知識を身につけるための作業班別の競争も行われています。

液体酸素と気体酸素の充填場では、純度が標準よりもはるかに高い医療用酸素が充填されています。敬愛する最高指導者金正恩委員長は保健酸素工場の建設を発案し、あつらえ向きの場所にその敷地を見定めただけでなく、建設での懸案も全て解決してあげました。

金正恩委員長の意図通りに、工場では技術革新運動を展開して生産を増やし、市内の病院に良質の医療用酸素を中断なく供給しています。

(今日の朝鮮)

ike191004015_001.jpg
ike191004015_002.jpg
ike191004015_003.jpg
2019年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-04 (月) 14:52:20