女性のテニス愛好家

この5月、ピョンヤンで障害者及びアマチュア・スポーツ競技大会が開かれました。今大会は、卓球に加えて水泳とテニスの試合も行われたので、社会の関心を集めました。わけても、アマチュア部類テニスの混合ダブルスで観客の注目を集めた選手たちがいました。ピョンヤンのモランボン・コリョ薬工場で働くリ・ソンスクさんとソソン区域人民委員会傘下機関に勤めるラ・グァングクさんでした。

全試合を5対0の大差で制し、決勝に勝ち進んだのです。2人は近所付き合いの仲です。休日ごとに周辺のスポーツ公園で、切磋琢磨しました。さらに観客の関心事となったのは、バレーボールのコートに姿を現していたリ・ソンスクさんがテニス試合に出場したことでした。観客は好奇のまなざしで試合を注視しました。強いサーブと前後左右から打ちまくる多彩な攻めに、観客は目を見張りました。決勝でも華やかなプレーを見せ、5対2で楽勝しました。

バスケットボールの監督であった父の影響で、幼い時から球技種目に格別な趣味を持っていました。球技種目なら何でも意欲を示し、学校のスポーツクラブにも率先して入ったのです。結婚して、2人の息子の母親になった後も、スポーツに熱を入れました。ある日、事務員にとってテニスがとても良い種目だという資料を目にしました。リさんはテニスも球技種目だから出来ないはずがないと考えました。それで、テニスのコートに足を踏み入れましたが、今から10年前のことです。

テニスは習うほど面白く、心身を若返らせる種目でした。しかし、目には慣れても手には不慣れ、という言葉通り、40代にテニスを習うのは決して易しいことではありませんでした。テクニックが身に付かないで悩んだこともあり、日が暮れるまでトレーニングに熱中しました。また、夜更けまでテニス関連の図書に読み耽り、そのコツを覚えました。その日々、多彩なテクニックを身につけ、体も鍛えられました。努力の甲斐あって、今回の競技大会で若者も顔負けするほど迫力あふれるプレーを見せました。

リさんのお話です。

「私はスポーツが好きです。わけてもテニスが一番好きですが、帰宅後や祝日、休日にテニスをすると、気分がすっきりします。わけても、一日の仕事を終えてテニスをすると、翌日に力が沸き、仕事に熱中することが出来ます。テニスだけでなく、バレーボールや卓球もやっていますが、一日でもスポーツをしないと、何かを忘れたようで、気が晴れません。スポーツは私の生活に欠かせない一部分となりました」

親譲りなのか、6歳からリさんに連れられてテニスのボールを持って遊んだ次男は今、専門スポーツ団でサッカー選手として活躍しています。

(今日の朝鮮)

ike190807005_001.jpg
ike190807005_002.jpg
2019年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-12 (木) 21:26:42