大々的なハウス野菜の生産

呉英淑(オ・ヨンスク):朝鮮労働党第8回大会は野菜栽培の科学化・集約化の水準を高めて野菜の生産を増やす事に触れています。野菜栽培の科学化・集約化でハウス野菜の栽培は意義あるものです。

朝鮮労働党の指導の下に共和国ではハウス野菜の生産のモデルとなる所が築かれ、国の至る所に野菜ハウスが建てられてハウスでの大々的な野菜の生産が行われています。

ハウス野菜の生産での基本は何かと言いますと種子と近代化が絞られています。日照をはじめ様々な被害によく耐える物、美味しく栄養価が高くまた生産性も高い優良品種を大いに受け入れ、優良品種の野菜の育成と育種の為の研究に本腰が入れられています。

また作物と品種の配置、ハウスの有利な環境づくりと不利な環境の克服、土壌管理・株の管理・病虫害を防ぐ等、多量収穫農法の実現で収めた成果を広く取り入れています。そして環境管理・耕地管理、水やりと薬物・栄養液の散布等、営農作業での機械化の比重を高めています。

限られた面積でのハウス野菜の生産の特性に合わせて、ハウスの利用率を最大限に高めようとしています。土壌の平面の株の配置密度を高めると共に同時栽培作物の配置を合理的に行なっています。また壁面を利用した野菜の栽培、ハウスでの器による栽培方法、単位面積当たりの最大収穫が可能な栄養液による野菜の栽培方法を積極的に取り入れています。

ハウス野菜の生産を増やして人民の食生活の向上で転機を迎えようというのは朝鮮労働党の意思です。

(政策)

2021.11.11 サイト音声の聞き書き、BGM付き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-12 (金) 18:58:52