国宝級の建築物 科学技術殿堂

チュチェ105(2016)年の元日、朝鮮では全人民学習の大殿堂である科学技術殿堂の竣工式が盛大に行われました。科学技術殿堂はテドン川*1の中州スク島*2に建てられました。延べ建築面積は10万6600平方メートルです。

4階建ての科学技術殿堂の外形は科学の世界を象徴する大きな原子構造のユニークな形をとっています。また内部も先端科学技術普及のセンターに相応しく立派に整えられています。

1階から4階まで吹きぬきの中心ホールには打ち上げられる人工衛星運搬ロケットの模型が設けられています。この中心ホールを軸にして円形になった各フロアには多くの電子閲覧室と子供の夢の家、科学技術発展の歴史を見せるところ、先端科学技術のエリア、基礎科学エリアなどからなる部門別室内科学技術展示場が配置されています。そして、障害者閲覧室、動画閲覧室などと遠隔講義室、科学映画館、学術討論会を行なうところもユニークに設けられています。

先端科学技術が導入された科学技術殿堂はグリーンビルとしての面貌を立派に整えています。自然の採光による室内照度の保障、地熱による冷暖房保障システム、風力と太陽エネルギーを利用した自然エネルギー型の電力生産システムの導入など建物の管理の知能化を実現したエコ型建物や外と中の緑の環境も高い水準で実現されました。

またペン先模様の科学技術を象徴する塔とマスト模様の宿舎、屋外科学技術展示場、噴水公園などは基本の建物とマッチし、科学と技術に対する象徴的意味を優れた建築学的個性を生かして見事に表しています。来客のための全ての条件が整えられた500人収容の科学者宿舎もユニークです。

各フロアにはテドン川の全景を眺めながら憩いのひと時を楽しめる採光ホールが設けられ、宿舎と殿堂を結ぶ広く長い回廊があって利便性イコール建物の品位万点という評価があります。

科学技術殿堂は今、大勢の人が訪ねてきて思う存分知識を学ぶところとなっています。科学技術殿堂と共に朝鮮労働党の全人民科学技術人材化は遠からず実現するでしょう。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)
*2 艾島、蓬島(쑥섬)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-21 (火) 20:41:47