喜びの中、気を使ったこと

チュチェ104(2015)年11月26日、敬愛する最高指導者金正恩委員長がウォンサン革靴工場を訪れました。

当時、現場のあちこちに大量生産される「メボンサン」ブランドの革靴が積まれていました。その光景を眺めていた金正恩委員長は、国内の原料と資材でも人民の好みと需要に応じて革靴を生産できるという自信が付くと言ってとても喜びました。

そして多様な革靴のサンプルが展示された陳列台を見ては、工場で革靴生産の多種化、多様化、多色化、軽量化の実現で大きな成果を収めたと評価しました。

この日、金正恩委員長は革靴の豊作だとし、今、ウォンサン革靴工場で生産を正常化しているが、この生産正常化と言う言葉には単に生産を休みなく行うと言う意味だけでなく、人民の好みと需要に応じて革靴を生産し、人民の要求を満たすと言う意味もある、と言いました。

さらに、商店で革靴が売れないと、生産を正常化する意義がない、ウォンサン革靴工場で生産される革靴が軽工業展示会と履物の展示場に出す展示品のようになっては絶対ならない、と言いました。

革靴の豊作だと言ってとても喜びながら、どうすれば人民の好みに合う良質の革靴がたくさん生産されて需要を満たすかと言うことについて気を使う金正恩委員長でした。

一つの製品にしても、それが人民のためのものに、人民に好まれるものに作るべきだと言うのが金正恩委員長の意志でした。

(今日の朝鮮)

ike201113014_333.jpg
ike201113014_444.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-06 (日) 19:49:57