双子の兄妹にまで

チュチェ86(1997)年11月のある日、偉大な金正日総書記は柿の木の中隊と呼ばれる人民軍のある中隊を訪れました。兵士たちの生活を親心で暖かく顧みていた総書記は、中隊に双子の兄妹がいることを知りました。

双子に会って、健康はどうか、年は幾つで、いつ人民軍に入隊したか1つ1つ尋ねていた総書記は、双子の階級が違うことに気づきました。総書記は指揮官たちに、親たちは双子を育てる時、異なる衣服を着せなかった、階級も同じでなければ、と言いました。

次いで、双子の兄妹と共に写真も撮り、これから軍務に励むようにと力づけました。その後も、総書記は双子の兄妹に恩情の限りを尽くしました。希望通り大学で思う存分学ぶよう取り計らい、婚礼の時は贈り物も送りました。

双子の兄妹の父となって傾けた総書記の恩情は、このようにこの国の親たち皆の愛情を合わせても尽くしきれないほど深くも深いものでした。

双子の兄妹についての話は今も語り継がれ、人々の胸を強く打っています。

(偉人伝)

IKE180706002_001.jpg
IKE180706002_002.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-22 (水) 13:23:00