偲ぶ思い歌となって

12月ともなりますと朝鮮人民は偉大な金正日総書記への偲ぶ思いで胸が熱くなります。総書記を偲ぶ人民の思いはそのまま歌となって鳴り響いています。

りんごの花の便り伝えて
ビナロンの綿を積み重ねて
もう一度会えるその日待っていたのに
偲ぶ思い今日も あ 涙に

一生涯、国の繁栄と人民の幸せのために全てをつくした金正日総書記なので、朝鮮人民はなおも忘れることが出来ません。新居入りした村や立派に作られた公園を訪ねては人民が喜んでいるか聞いて見た総書記でした。人民のためには雨の日も、雪の日も現地指導の道を歩み続け、全てを尽くした総書記でした。

ある年の2月、現地指導の列車の中で誕生日を迎える総書記に祝福の言葉を述べる随員たちに、私は列車で生活しながら強行軍をするのが習慣になったようだ、人民生活の問題が解決される前には家で安らぐことが出来ないようだ、幹部たちは私と心と意志を一つにして、必ず人民生活の問題を解決しようと言った総書記でした。

国の津々浦々を訪ね、また訪ねて、創造と革新の炎を点じ、朝鮮を政治思想の強国、軍事強国の地位に堂々と押し上げました。総書記は生涯を閉じる二日前の日もハナ音楽情報センタークァンボク地区商業センターに人民愛の現地指導の足跡を残し、生涯の最後の日も人民を訪ねて列車に乗りました。

熱くも熱いその人民愛の中にこの地の全ての奇跡が生まれ、人民の幸せがもたらされたので、人民は総書記が忘れられず、恋しさいっぱいの歌を歌っているのです。

美しい街 朝日に映えて
大きな工場 誇らしげに…

美しい街を建てても、大きな工場を建てても、総書記への思いで、総書記と心の話を交わす朝鮮人民です。

ピョンヤン市*1チュン区域*2のソムンという町*3に住んでいるキム・スホさんと金正淑ピョンヤン紡織工場の労働者ムン・ガンスンさんのお話です。

「わが家は金正日総書記が訪ねたことのあるマンスデ通りにあります。毎日、家に入る時は総書記が訪ねた家と書かれたプレートが目に入り、そのたびに総書記が偲ばれてなりません。今にも明るく微笑んで家の見物でもしようと入って来るようです」

「金正日総書記とともに記念写真を撮った日は本当に忘れられません。多くの事をしたとほめて下さったそのやさしい声が今にも聞こえるようです。総書記がまたもや工場を訪ねてきて私が担当した織機を見てくださるようです。機織工の英雄になったこと、幸せな家庭を持ったこと、可愛い息子が生まれたことを総書記に申し上げたいです」

工場と村、自分の職場にまたもや総書記が訪ねる日を待っている人民の思い、それがまさに総書記を永遠に偲ぶ朝鮮の歌なのです。

その通りです。総書記を偲んで歌う朝鮮人民の歌は、その遺訓にのっとり、必ず社会主義強盛国家を建設する衷情の誓いとなって国中に高らかに鳴り響いています。

2015年の記事
 

ムン・ガンスン甲斐ある労働生活機織工の姿から恋しさ一杯の2012年指導者と人民祝福された新婚夫婦女性の労働者代議員人民の心の中に生き続ける金正日総書記永久なる人生を歌う人民恵まれた人たち

 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 中区域(중구역)
*3 西門洞(서문동)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-29 (水) 15:20:00