人民の幸せに喜びを見出して

ピョンヤン郊外にチャンチョン野菜専門協同農場*1があります。四節を通して色々な野菜を専門に生産するこの農場にも敬愛する最高指導者金正恩委員長の献身の足跡が印されています。

チュチェ103(2014)年6月、農場を訪れた金正恩委員長は、野菜の生産状況について詳しく見聞きしました。そして、労働党が野菜ハウスを大々的に建設し奨励するよう取り計らうのは、真冬にも人々に新鮮な野菜をふんだんに食べさせるためで、生産量を高めるべきだ、と言いました。

そして、ハウス野菜の栽培の科学化、集約化をハイレベルで実現して生産量を引き上げること、チャンチョン野菜専門協同農場をハウス野菜の生産の典型、国中のモデルとなる農場につくる課題を与えました。

次いで、立派な農場に作り直すための懸案を先ず、解決するよう、措置を取りました。金正恩委員長の深い関心の中、農場は1年もならない短い間に、社会主義農村文化の建設のモデル、基準となりました。

チュチェ104(2015)年6月、金正恩委員長は又もや、この農場を訪れました。

チャンチョン野菜専門協同農場の農場員パク・ウンヒャンさんは話します。

「この日、新築された文化会館とヘルスセンター・チャンチョンウォン、住宅を始め農場の各所を見た金正恩委員長は、農場員の生活水準が上がり、みなが文化的な生活を営むようになったのが余りにも嬉しくて満面に笑みを浮かべました。そして、チャンチョン野菜専門協同農場がすべての面でモデル、基準として造られただけに、野菜の生産でも全国のモデルになるべきだ、と言いました。人民の理想が現実のものとなる労働党時代にまた1つの都会化した農村が生まれた、と喜んでいたその姿を私たちはいつまでも忘れることが出来ません」

今、農場では、人民の幸せにこの上ない喜びを見出している金正恩委員長の崇高な人民愛を伝え、四節を通じて新鮮な野菜を生産して人民の食生活の向上に積極的に寄与しています。

(今日の朝鮮)

ike191004039_001.jpg
ike191004039_002.jpg
ike191004039_003.jpg
2019年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 将泉野菜専門協同農場(장천남새전문협동농장을、장천남새전문협동조합)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-18 (月) 15:45:38