不可能に挑んだ20数年

ピョンヤン医科大学病院チェ・ビョンチョル医長は肝臓病の治療の権威です。20数年間、大学病院の医師として効能のある医薬品と良質の医療品を開発し、真心と高い実力で1500人以上の最重症、重症患者の健康を回復させました。

―患者に1パーセントの蘇生の可能性でもあるなら、99パーセントの可能性は患者に責任持つ医師がつくるべき―

これはチェ医長が、現代医学は蘇生不可能と言う診断を下した患者の治療の過程に胸に刻んだ信条です。

7年前、医長に任命されてからは、肝臓科の医師を学位学職の所有者に準備させることにまず力を入れました。科の医師の半分を占める若年層には、大胆に臨床に役立つ問題を論文のテーマとして定めてやりました。そして経験の豊かな医師たちが一人ずつ受け持って論文の指導に当たるよう手配しました。これを機に、科の医師のみなが競って論文の執筆にとりかかりました。

オペ室とICUは経験の浅い医師たちのための講義室となりました。一つの研究資料のことでもみなが集まってディスカッションしました。努力の甲斐あって、朝鮮人民の体質に合いながら世界的レベルに達した新たな診断と治療の方法が相次いで生まれました。

功労科学者の称号を受けた博士、助教授のチェ・ビョンチョル医長のお話です。

「今年4月、一人の労働者が繰り返す出血で止血不能の状態で運ばれてきました。患者の容態は、血圧低下、ショック状態だったので、果たして蘇らせるだろうか、と危惧の念を抱いたものです。それで科ではまず、カンファレンスを開き、30日間、治療を行いました。何としても患者を蘇らせる、と言う一つの目標を掲げてみなが担当の看護士、担当医となって助け合い、協力した結果、患者は快方に向かい、退院するにいたりました」

近年、肝臓科では蘇生の見込みがないといっていた多くの患者を蘇らせるという奇跡的な成果を達成しました。真心と高い実力で肝臓科の医師、看護士を導き、人民の健康増進に大いに役立ったチェ医長は国の計らいで社会主義愛国功労者になりました。

チェ医長は今も不可能に挑み、現代医学の新境地を開くための研究を深めています。

(文化―科学技術)

ike220811006_001.jpg
ike220811006_002.jpg
2022.09.01の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-09-06 (火) 19:22:44