一番嬉しい日

朝鮮東海岸の景色のよいところに波をかき分ける帆船のような独特な佇まいの建物があります。カンウォン道*1の子供のために建てられた少年団キャンプ場です。敷地面積16.8ヘクタールのキャンプ場には、2棟の宿舎と食堂、海水浴場、会館、体育館、屋外ステージのあるグラウンド、そして、跳躍水槽と急流滑り台のあるプール、ローラースケート場などがあります。

敬愛する金正恩総書記はキャンプ場の増改築を指示し、何度となく完成予想案を指導するなど工事の懸案をすべて解決してやりました。そして、完工したキャンプ場を訪れました。

総書記は、子供のための課外教育施設がまた一つ建てられたことを聞いて喜びいっぱいの気持ちで訪ねてきた、私は子供のための建造物が生まれたと言う話を聞いたときが一番嬉しい、と言いました。その日はチュチェ105(2016)年12月6日でした。

この日とともにキャンプ場は、カンウォン道12月6日少年団キャンプ場と呼ばれました。

(今日の朝鮮)

ike211115017_001.jpg
ike211115017_002.jpg
ike211115017_003.jpg
ike211115017_005.jpg
2021.12.15の記事
 


熱い思いやりはキャンプ場にも子供たちのために割いた時間子供のために捧げた時間大事な時間を割いて未来のために歩んだ道


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江原道(강원도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-16 (木) 18:53:29