リニューアルが進んでいる祥原セメント合弁会社

サンウォン・セメント合弁会社は共和国切ってのセメント生産企業です。

ピョンヤンから40キロ離れたファンへ北道*1サンウォン郡*2にあります。会社のある地域は、国内の主要都市と港湾を結ぶ道路と鉄道が近くにあってアクセスがよいばかりか、高品質の石灰石が豊かに眠っています。

合弁会社はサンウォン・セメント連合企業所とラファージュ・ホルシム会社*3との契約によってチュチェ96(2007)年7月に創設されました。チュチェ78(1989)年4月に操業を始めた企業所は、セメント生産に必要な原料と燃料、動力を総合的に保障できる石灰石鉱山と石膏鉱山、炭鉱、発電所が一つの連合体を成しています。国際品質条件を充分満たすセメントの生産が活性化すると共に企業所では他国との合弁にも出ました。

サンウォン・セメント合弁会社のユン・ソンチョル技術担当副局長のお話です。

「サンウォン・セメント合弁会社はこれまで10数回の理事会を行い、その過程に会社の石灰石鉱山が設備と技術の面でしっかりと固められました。最近は第1号焼成炉の工程を改造して焼成能力を以前より3割も高めました」

サンウォン・セメント合弁会社では、これまでの成果を踏まえ、第2号焼成工程と粉砕工程を改造し、廃熱発電所の新築に力を入れています。そのための理事会が6月はピョンヤンで、9月は北京で行なわれ、双方は今年、第2号焼成工程の改造に必要な物資の納入を終え、来年まで契約を完全に実行することにしました。

ユンさんのお話です。

「私たちはこれからもラファージュ・ホルシム会社との合弁を成功裏に行い、また、セメントの品質を高め、産量を増やすための生産工程のリニューアルを進めるつもりです」

2015年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 黄海北道(황해북도)
*2 祥原郡(상원군)
*3 ラファージュ(英: LafargeHolcim Ltd.)は、スイス・ザンクト・ガレン州・Rapperswil-Jonaに本拠を置き、世界90カ国以上でセメント、骨材、コンクリート等の製造・販売を行う企業。2015年7月、スイスのホルシム(Holcim Ltd.)とフランスのラファージュ(Lafarge S.A.)の経営統合により設立された。メキシコのセメックスなどと共に、セメントメジャーの筆頭に挙げられる。スイス証券取引所・ユーロネクスト上場企業(SIX: LHN、Euronext: LHN )。日本での事業は、麻生との合弁会社である麻生セメントによって行われている。2008年、エジプトのオラスコム・コンストラクション・インダストリーズ(OCI)のセメント部門を100%子会社化。オラスコムは2007年までに北朝鮮のサンウォン・セメントを子会社化するなど、同国最大の民間投資家となっていた。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-15 (土) 20:25:03