短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
221202夕方の放送、7580kHzで受信

  • 2022.12.01 -- 221201夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2022.11.30 -- 221130夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2022.11.29 -- 221129夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2022.11.28 -- 221128夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2022.11.27 -- 221127夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2022.11.26 -- 221126夕方の放送、7580kHzで受信
 
  • アニメ「少年将軍」第48回(※サイト動画アクセス不可 コンテンツ―映画 2022.09.25)

『箜篌引』と『公莫舞』

『箜篌引』はB.C.5~B.C.4頃に古朝鮮で創作された情操の豊かな民俗歌謡であり、『公莫舞』はそれに合わせて踊った民俗舞踊である。『箜篌引』の創作経緯と内容はおよそ次の通りである。ある日の早朝のこと。霍里子高が渡し舟を漕ぎ進めていたとき、ある老人が半狂乱の態で流れの激しい川に踏み込んだ。後を追って来たその妻が夫の名を呼んで引き留めようとしたが、老人は聞き入れず、ついに溺れて死んだ。老婆は箜篌を奏でながら『公舞渡河歌』という自作の歌をうたった。歌声は悲しみに満ちていた。老婆は慟哭しながら夫の後を追って川に身を投じた。この悲惨な光景を目撃した霍里子高は、帰宅して妻にそのことを話した。麗玉は老人夫婦の悲劇的な運命を悲しみ、老婆の歌詞に合わせて箜篌を弾いた。彼女の歌を聞いて涙を流さない人はいなかったという。麗玉はその歌謡と曲調を隣家の麗勇にも伝え、その曲は『箜篌引』と呼ばれたという。このように、聞く人からして悲痛で哀切さの涙を流すようにする古朝鮮の叙情歌謡である『箜篌引』は人々の間で広く歌われ、民間の芸術家たちはその曲に合わせて柔軟で情緒的な踊りを踊ったが、それを『公莫舞』と呼んだ。『公莫舞』は哀切な情緒の音楽に合わせてしなやかに踊る長袖服踊りであった。『箜篌引』と『公莫舞』は世界的にも早期に創作された音楽・舞踊遺産である。
(Naenara 2022.12.02)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-17 (木) 20:39:19