#author("2021-10-17T19:07:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-01-28T19:49:16+09:00","default:pop hok","pop hok")
*民族音楽家の家庭 [#r3b987f1]
誰もがおもいっきり才能を発揮できる共和国には人の羨む家庭がたくさんあります。 科学者家庭、スポーツマン家庭、3代が歌手の家庭などなど・・・。ご紹介する''キムウォンギュン・ピョンヤン音楽大学''の教員''ファン・ジンチョル''さんの家庭は、民族楽器の演奏家の家庭です。

ご主人のファン・ジンチョルさんは''チョッテ''という横笛、奥さんの''チュ・ヘリョン''さんは大中小の真ん中の''中ヘグム''、二人の娘は打弦楽器の''ヤングム''と''大ヘグム''を専攻しています。さしずめ民族器楽4重奏団とでもいいましょうか。
>「私と妻は同じ年に大学を卒業して、民族器楽学部の教壇に立つことになりました。縁あって夫婦となり、娘が二人生まれました。小さい時、大学につれて来ると、一緒にいる先生たちがとても可愛がりましてね。親のように音楽をさせろというんですよ。どうしたものかと思ってたんですが・・・」

>「親に似たんだと思いますが素質があるからといって必ずしも才能につながるものではありません。国の音楽教育システムのおかげで才能の芽を伸ばすことができたのだと思います」

二人の娘は幼稚園の時から早期音楽教育を受けたのだそうです。そして希望通り、キムウォンギュン・ピョンヤン音楽大学に進みました。長女の''リョンア''さんは在学中に高いレベルの国内芸術コンクールの第18回「2月16日芸術賞」個人コンクールに参加して2位になりました。16歳の時、全国的なコンクールで注目を集めた次女の''ナヨン''さんは、今、卒業を控えています。

この音楽家家庭に思いがけない大きな幸せが訪れました。''朝鮮人民内務軍協奏団''の演奏家の長女がチュチェ99年、2010年8月と翌年の6月に偉大な金正日総書記の前で演奏する光栄に浴したのです。

総書記はヤングムの演奏が素晴らしい、ばちを3つも4つも持って上手に演奏すると褒めてくれました。そして、民族楽器を専攻している家族のことを、楽器の種類まであげながら一人一人紹介し、こんな家庭も珍しいと言うのでした。それでこの家庭は一躍有名になりました。
>「子を育てた甲斐があるというものですね。子供の成功以上に親の喜びがあるでしょうか。本当にありがたい教育制度、早期音楽教育制度でなかったなら、うちの子たちの才能も埋もれてしまったと思います」

>「最初、子供たちに洋楽器をやらせて世界に立たせてはという人もいましたよ。実のところ少し動揺しましたが、よくよく考えてみました。そして、自分のものをもっとよく知り、優れた民族の伝統についてよく知り、自分の国を知るべきだと思いましてね。それでいつも言うんですがね、『音楽をしても朝鮮の音楽をし、楽器も朝鮮の楽器を専攻しろ、それがまさに朝鮮民族の魂を生かすことだ』と、です。こうして、家族みなが民族楽器を専攻するようになったというわけです」

40年近くも教壇で民族音楽の発展に尽くす親が歩いてきた道を二人の娘がついでいます。

ファン・ナヨン、ファン・リョンアさんは言います。
>「私は立派な民族音楽家を育てようと思います」&br;
「私は素晴らしい演奏で民族楽器を輝かせていくつもりです」
//IKE130129011_12.jpg
//IKE130129011_22.jpg
//IKE130129011_32.jpg
//IKE130129011_42.jpg
//IKE130129011_52.jpg
//IKE130129011_62.jpg
//IKE130129011_72.jpg
//IKE130129011_82.jpg
//IKE130129011_92.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
LEFT:[[朝鮮の楽器]]&br;
[[キムウォンギュン音楽総合大学]]、[[伝統音楽家の後進が育つ]]&br;
[[キムウォンギュン音楽総合大学]]、[[伝統音楽家の後進が育つ]]、[[朝鮮式の交響楽と時代の名作]]&br;
[[希望が叶ったところ]]、[[社会主義祖国に帰って]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS