#author("2023-02-07T21:14:22+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2023-11-30T22:19:03+09:00","default:pop hok","pop hok")
*伝統の祝日 チョンウォルテボルム [#i308d2da]
朝鮮には昔からその年はじめての満月の日、つまり旧の1月15日を祝うしきたりがあります。日本で言う小正月で、今年は2月24日&note{:2013年の日付。2014年は2月14日、2015年は3月5日。};にあたります。朝鮮では、これを''チョンウォルテボルム''&note{小正月:小正月(정월대보름)};と呼んでいます。

''社会科学院''のフォークロアー研究所の''ケ・スンム''さんのお話です。
>「『東国歳時記』という朝鮮の歴史書によりますと、朝鮮人民は昔からこのチョンウォルテボルムを楽しく過ごしたといいます。チョンウォルテボルムを祝日として迎えたと言う記録は、朝鮮初の封建国家である''コグリョ''、高句麗時代からでした。紀元前277年からおよそ千年近く存続したコグリョとそして、その後のペクチェ、百済、シンラ、新羅の時、すでにこの日にいろいろな行事が行われていたと記されています。この日にはまた、ご馳走を食べ、伝統の遊びを楽しんだ、となっています」

この日の伝統の遊びは色とりどりですが、中でも、月見はチョンウォルテボルムの風物詩でした。月見は、裏山に登ってお盆のようにまん丸なお月様を見物することです。昔から一番先に月を見る人は、その年に幸運に恵まれると言います。それで、誰もが一番先に月を見ようと競って山に登ったと言います。

この日のたいまつの遊びも見ごたえのあるものでした。たいまつをつけて野原の枯れた芝を燃やすもので、冬を越した害虫をなくすのにも有益な遊びだと伝えられています。

チョンウォルテボルムの日には色々な伝統の食べ物もつくって食べましたが、五穀飯&note{五穀飯:●「香ばしい五穀飯」 朝鮮人には、毎年小正月が訪れると必ず五穀飯(五穀を混ぜてつくったご飯)をご馳走としてつくり、食べる風習があった。五穀飯は五種類の穀物でつくったご飯であるが、「五穀ザプパプ」とも呼んできた。五穀についての見方は地方別に少し異なっていたが、大体イネ、アワ、モロコシ、ダイズ、アズキが数えられた。「林園十六志」ではイネ、アワ、モロコシ、キビ、アズキを、「閨閤叢書」ではモチイネ、アワ、モロコシ、ダイズ、アズキを、「世宗実録地理志」ではイネ、ダイズ、キビ、オオムギ、ヒエなどを挙げている。これは特定の穀物を指定したことではなく、当該地域で産する五種の穀物を示すということを物語っている。五穀飯の歴史は非常に長い。古代の南京遺跡からイネ、アワ、モロコシ、キビ、ダイズなどの五穀が出土し、三国時代の記録に五穀豊穣という話が多く記され、「東国歳時記」には「小正月に五穀飯をつくって食べるが、昔からの風俗である」という記録もある。数千年前から農業に従事してきた朝鮮人民はご飯を主食にしたが、一つの穀物だけでなく各種の穀物を混ぜてご飯をつくった。小正月に五穀飯を食べるのは、人々が苦労して栽培した穀物を祝日を契機にまんべんなく味わうとし、五穀が人間の体によいということから生まれた風習である。この風習にはまた、新年にも五穀がよく実って豊作をもたらし、五福があるようにと祈る人々の素朴な願いが込められている。五穀飯は今日、祝日だけでなく平日にも好んで食べる料理となっている。'''(Naenara 2021.09.24)''' ●小正月の特別食―五穀飯 わが民族の飲食物の中には、香ばしくて栄養価の高い五穀飯(五穀で炊いた飯)というものもある。社会科学院民俗学研究所の研究者ムン・ジョンスンさんは、文字通り五つの種類の穀物を混ぜて炊いた五穀飯を「オゴッチャッパブ(五穀雑飯)」とも呼んだと述べ、次のように語った。飯を主食とするわが人民の食生活で、五穀飯が特色ある食品の一つになってきた歴史はとても長い。朝鮮半島地域では、7500年前から粟と稲、大豆などの穀物作物が広く栽培されたし、わが民族は飯も一つの穀物だけでなく、いろいろな穀物で多様に炊いて食べた。五穀飯は、タンパク質と油、ビタミンをはじめ栄養成分が等しく含まれているので、人々の健康によく、その味が香ばしいのが特徴である。このような五穀飯をわが人民は普段の日にも食べたが、特に小正月に特別食として食べた。これは、新年にも全ての穀物がうまく実って豊作をもたらすことを望む願いから生じた風習である。小正月に隣近所の人々が互いに自分の家の五穀飯を勧め、複数の家の飯を味わうこと、そして焼いたノリやオタカラコウなどの菜に包んで食べる風習はこんにちまで継がれている。普通江百貨店、光復地区商業中心をはじめ、首都の商業サービス単位で今年の小正月(2月15日)を契機に、家族に五穀飯をもてなすために五穀を購入する女性が見られる。'''2022年【平壌2月14日発 朝鮮中央通信】'''};はこの日ならではのご馳走でした。また、9種類の干した山菜でつくる料理もあります。これをたべると夏バテをしないといわれてきました。

昔の人たちは、この日、''ユッ遊び''&note{:ユッノリ、ユンノリ(윷놀이)};と将棋なども楽しみました。なかでも村中の子どもたちの凧揚げと村人同士、村対抗でおこなう綱引きはチョンウォルテボルムの雰囲気を大いに盛り上げました。こうした遊びの過程で、村人たちは親交をあたため、心をひとつにし、体も鍛えました。

今も朝鮮人民は毎年、この小正月、チョンウォルテボルムを楽しんでいます。
//IKE130109025_12.jpg
//IKE130109025_22.jpg
//IKE130109025_32.jpg
//IKE130109025_42.jpg
//IKE130109025_52.jpg
//IKE130109025_62.jpg
//IKE130109025_72.jpg
//IKE130109025_82.jpg

RIGHT:'''2013年、2014年、2015年の記事'''
#br
----
朝鮮には昔からその年はじめての満月の日、つまり旧の1月15日を祝うしきたりがあります。日本で言う小正月です。朝鮮では、これを''チョンウォルテボルム''&note{小正月:};と呼んでいます。

歴史書によりますと、朝鮮ではもはや3国時代にこのチョンウォルテボルムを楽しんだといいます。チョンウォルテボルムは普通、その前の日からそのムードに包まれましたが、それで前の日を「チャグンボルム」、つまり小さい小正月という意味です、そして当日は「テボルム」、つまり、「大きい小正月」と呼びました。

''社会科学院''のフォークロアー研究所の研究者''パク・スンギル''さんのお話です。
>「チョンウォルテボルムになりますと、朝鮮人民は来る年の幸運と豊作を祈り、色々な催しを行いました。代表的なのは稲とキビ、粟などを竿につけて家々の庭に立てることでした。そして月見はチョンウォルテボルムの風物詩でした。月見は、裏山に登ってお盆のようにまん丸なお月様を見物することです。昔から一番先に月を見る人は、その年に幸運に恵まれると言います。それで、誰もが一番先に月を見ようと競って山に登ったと言います」

チョンウォルテボルムの日には色々な伝統の食べ物もつくって食べましたが、五穀飯&note{五穀飯:};はこの日ならではのご馳走でした。また、9種類の干した山菜でつくる料理、ヤクパブ&note{薬飯:薬食(ヤクシク)は朝鮮の菓子。薬飯(ヤクパプ)とも呼ばれる。蒸したもち米に焼き栗、ナツメ、ごま油、松の実、醤油、およびシナモンを混ぜ、さらに蒸し上げる。新羅時代、1月15日に烏が王(炤知麻立干)の弑害陰謀を知らせてくれたことから、毎年1月15日に烏に香ばしい飯を与えたが、これが薬食と言われる。現在も朝鮮では旧暦1月15日に薬食を食べる。'''(Wikipedia)'''};、薬のご飯です、そして飴なども有名でした。

昔の人たちは、この日、伝統の遊びも楽しみました。なかでも村人の団結力を示す綱引き、冬を越した害虫を燃やしてなくす遊び、子供の凧揚げ、風車はチョンウォルテボルムの雰囲気を大いに盛り上げました。

今年はチョンウォルテボルムが2月11日にあたります。

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170112034_001.jpg,wrap,103x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170112034_002.jpg,wrap,158x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170112034_003.jpg,wrap,174x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2017年の記事'''
LEFT:[[チョンウォルテボルム]]、
[[伝統の祝日、チョンウォル・テボルム]]、
[[伝統の祝日、小正月]]、
[[月見の慣わし]]&br;
[[伝統の遊び、凧揚げ]]、[[伝統の遊びの凧揚げ]]、[[凧揚げ]]、[[ユッ遊び]]
[[伝統の遊び、凧揚げ]]、[[伝統の遊びの凧揚げ]]、[[凧揚げ]]、[[ユッ遊び]]&br;
''パク・スンギル'':[[キムチ漬けの風習]]、[[朝鮮での冬至の風習]]、[[伝統の祝日―チョンウォルテボルム]]
----
-2019.02.19 [[朝鮮のチョンウォルテボルムの代表的な伝統料理>vok190219#kb5f3c5a]]
-2022.02.16 [[チョンウォル・テボルムを楽しく過ごしました>vok220216#cf82cf03]]
-2023.02.06 [[各地で小正月を楽しく過ごしました>vok230206#b7563c91]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//130224_伝統の祝日―チョンウォルテボルム
//140214_伝統の祝日―チョンウォルテボルム
//150304_伝統の祝日―チョンウォルテボルム
//170211_伝統の祝日―チョンウォルテボルム

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS