#author("2021-03-18T20:55:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-05-03T18:42:34+09:00","default:pop hok","pop hok")
*龍門鍾乳洞 [#ae4b111f]
''リョンムン鍾乳洞''は朝鮮でも指折りの石灰岩質の洞窟です。ピョンアン北道((平安北道(평안북도)))クジャン郡((球場郡(구장군)))の龍門山の麓に位置しています。長い歳月、地中の石灰岩層での地下水の溶解作用によって出来た、萬の景色を見せる世界的にも珍しい天然の洞窟です。

2つの主洞、つまり大きな基本となる2つの洞窟と、そこから枝分かれした多くの小さな洞窟から成っているこの鍾乳洞には、美しい景色を誇る20数箇所の名所があります。うっとりさせられる地下の滝もあれば奇妙な岩もあるこの名所。自然が織り成す業とはいえ、このファンタジックな傑作の滝、サムソン岩の滝(サムソン岩は朝鮮の名山・金剛山にある絶妙な岩です)、そして蛙の岩、象の岩等々、その名に相応しい名前がついていて、来客の興味をそそっています。

洞窟の天井と底、壁に出来た鍾乳石、石筍、石の花は実に不思議の極みです。イルカ、セミ、イカのような形の鍾乳石があるかと思えば、トウモロコシ、粟、モロコシの実のようなもの、まるで巨人の手、豚の足と耳のようなもの、特大の宝石のシャンデリアを思わせる鍾乳石もあります。

また、お米の叺(かます)を一杯積み上げたように見えるプンニョン塔(ここでプンニョンとは豊年の意味です)、プンニョン塔と呼ばれる石筍とネズの木のような石筍もあります。天井から滴り落ちた水滴中の炭酸カルシウムが沈殿、堆積して出来たこのプンニョン塔は今も上のほうに向かって生長していますが、現在回りは12.5メートルほど、高さは4.5メートルほどです。

本当に見上げても見下ろしても、また見回しても、ため息の連発、得も言われぬ絶景です。まるで百花繚乱の花園の中に入ったようで、花の絨毯を敷いたようです。かといえば((かと思えば))、夜空の銀河、祝福の花火が打ち上げられているようです。

鍾乳洞で異彩を放つのは30メートルの高さのサムソン岩の滝。滝は3面が岸壁に囲まれた中、その岸壁にぶつかる事もなく真っ直ぐに流れ落ちます。滝の下には深さ3メートルの滝壺があります。

リョンムン鍾乳洞の各エリアにはユニークな照明が施されていて、絶妙な美しさ、自然美を際立たせています。

リョンムン鍾乳洞は来客を喜ばせる、笑い一杯の地下の名勝です。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_nk180725_01.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_nk180725_02.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_nk180725_03.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_nk180725_04.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_nk180725_05.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_nk180725_06.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_nk180725_07.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_nk180725_08.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018.07.25 サイト動画の音声聞き書き'''
#br
----
//*リョンムン鍾乳洞2
//(観光 2021.03.17)
宇宙に存在するもの全てがここに集まったのか、ありとあらゆる姿をそのまま見せる''リョンムン鐘乳洞''にご案内しましょう。朝鮮の名山ミョヒャン山((妙香山(묘향산)))と一つの地脈を成しているリョンムン山の麓にあります。朝鮮の石灰岩の洞窟の中で、その規模がとても大きいものです。

200メートル以上もある入り口の廊下には、ここの見所を収めた50数点の写真があります。二つの主洞、つまり、大きな基本となる洞窟と、そこから枝分かれした小さな洞窟からなっていますが、目を見張るような不思議な景観はそれこそ、地下の宮殿を思わせます。それが地下数十メートル、総延長数キロに広がっています。

鍾乳洞には20数ヶ所の見所があります。リョンムン鐘乳洞の雄大さを見せる見晴台を過ぎると、この世のあらゆるものがひとところに集まっているような万物エリアがあります。様々な形の鍾乳石が見られるのでまるで博物館を思わせます。

豊年が訪ねてきたのか、秋の情緒たっぷりの豊年エリア、ここに米俵を高く積み上げたかのような大きな石筍があります。その周囲はなんと10メートル以上、高さは4メートル以上で、今もぐんぐん伸びています。

美しい花々が満開になっているような百花エリア、宝石のシャンデリアを思わせる鍾乳石が当たり一面を覆っている宝石エリアなど、どれもが独特な景観を広げています。

リョンムン鐘乳洞の中で異彩を放つのは、30メートルの高いところから落ちるサムソンアムという滝です。滝は三面が絶壁に囲まれている真ん中を岩にぶつかることなく真っ直ぐに落ちています。その下に深さ3メートルの青い淵があります。

地下に広がっているリョンムン広場は見物コースで最後の見所です。広場の天井と壁は今しがた咲きはじめた石の花で飾られています。

地下の名勝リョンムン鐘乳洞は訪ねる人々に喜びを与え、笑いの花を咲かせています。

リョンムン鍾乳洞にようこそ。誰もが10年は若返ると言っています。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210205042_001.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210205042_002.jpg,wrap,225x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210205042_003.jpg,wrap,223x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210205042_004.jpg,wrap,175x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210205042_005.jpg,wrap,175x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.03.17の記事'''
LEFT:[[地下の名勝リョンムン鍾乳洞]]、[[リョンムン鍾乳洞が増改築されました>vok210105#wfdacaa4]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//210502_リョンムン鍾乳洞2

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS