#author("2017-03-27T16:07:31+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2017-03-27T16:07:48+09:00","default:pop hok","pop hok")
*三浦倭乱 [#aa5172cd]
''サムポ''、三浦は朝鮮封建王朝時代、倭館が設置されていたネンイポ((乃而浦))、プサンポ((富山浦))、ヨムポ((塩浦))の三つの浦を言いますが、1510年、その倭人が対馬の海賊と共に起こした侵略的な挑発事件を朝鮮の歴史でサムポの倭人による乱、つまり、サムポ倭乱と言います。
サムポ、三浦は朝鮮封建王朝時代、倭館が設置されていたネンイポ((乃而浦))、プサンポ((富山浦))、ヨムポ((塩浦))の三つの浦を言いますが、1510年、その倭人が対馬の海賊と共に起こした侵略的な挑発事件を朝鮮の歴史でサムポの倭人による乱、つまり、''サムポ倭乱''と言います。

''社会科学院歴史研究所''の研究室主任、博士、助教授の''チュ・ソンチョル''さんのお話です。
>「15世紀に入って、朝鮮封建政府は日本の懇請を受け入れて、倭人がネンイポ、プサンポ、ヨムポのこのサムポに居留し、交易を行うことを許しました。ところが、朝鮮封建政府の好意を無視して、倭人は対馬藩主に煽られて、商業的利潤のため規定に反し、サムポに不法に集まって密貿易とスパイ行為に明け暮れました。朝鮮封建政府は、サムポの倭人居留民の数と活動地域を制限する措置を取りました。これは、国の自主権を守るための正当な措置でした。にもかかわらず、サムポの倭人は不満を抱き、対馬の倭人と馴れ合って、侵略的挑発行為を働きました」

1510年4月、数千人の倭人はネンイポとプサンポを始め各方面から攻め入りました。そして、至る所で殺人と放火、略奪の限りを尽くしました。朝鮮の愛国的な人民と軍人は侵略者に抗して勇敢に戦いました。結局、倭人は「和議」を持ちかけるしかありませんでした。表では「和議」を装い、卑劣にも略奪と虐殺を止めませんでした。

こうした状況下で、朝鮮封建政府は征伐軍を編成して、倭人に対する決定的な掃討戦を繰り広げました。征伐軍は作戦を綿密に立てて、数千の兵力で陸地から敵軍を攻撃しました。征伐軍の痛撃に、敵軍はもろくも逃げてしまいました。征伐軍は敵船5隻を沈没させ、300人近くの敵兵を撃滅し、敵船100隻余りを始め多くの軍需機材を鹵獲する戦果を上げました。

この戦闘を機に、長い間、災いの元となっていたサムポの倭人が朝鮮から追われ、むやみに侵入できなくなりました。

RIGHT:'''2016年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//161120_サムポ倭乱

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS