#author("2017-04-15T16:27:58+09:00","default:pop hok","pop hok")
*昔の地図に見る独島 [#t49c04c3]
''トク島''((独島(독도)))は朝鮮東海に浮かぶ島です。もはや5、6世紀以前に朝鮮人によって発見され、開発されて来ました。トク島は朝鮮に属して代々管理されてきた朝鮮民族の固有の領土です。

昔の朝鮮の地図にはトク島が朝鮮の領土であることが明白に記されています。昔の地図にトク島を描いたものは、朝鮮の領土だけを描いた朝鮮全図と地方の地域図であるカンウォン道地図、朝鮮と中国、日本を描いた東アジア地図など100点以上もあります。

これらの地図にはトク島がウサン島((于山島(우산도)))、パンサン島、チャサン島、チョンサン島などいろいろな名で表記されています。代表的なのは15世紀から16世紀の「八道総図」、「朝鮮八域図」、「天下図」などと17世紀から19世紀の「東国輿地図」、「海東地図」、「蟹座全図」、「東国地図」、「大朝鮮国地図」などです。

地域図である「カンウォン道」地図にもトク島がウルン島と共にしっかり表記されています。これはトク島とウルン島が昔からカンウォン道((江原道(강원도)))に属しており、カンウォン道の住民がこれらの島に多く行き来したことを語ってくれます。

先祖の作った東アジア地図と日本地図にもトク島は朝鮮の領土として明白に記されています。例えば、17世紀初めに作られた大型地図である「朝鮮本東アジア地図」を挙げることが出来ます。

これには朝鮮半島の多くの島の中、代表的な10あまりの島が表記されていますが、トク島は「チョンサン島」という名でウルン島と共にカンウォン道の沖に描かれています。

先祖によって今に伝わっている日本地図にも日本の北西限界が隠岐の島になっており、''トク島が日本の領土として記されたのは一つもありません''。15世紀、封建国家のある官吏が使臣として日本に行って来て描いた「海東帝国総図」には本州と四国、九州、北海道などの主な島が表記され、隠岐の島が北西限界になっています。

''金日成総合大学''教師の博士''カン・ミョンソク''さんの話です。
>「朝鮮がトク島を発見してから昔の地図に描かれたトク島の総合分析の資料から次のような結論が下せます。第1に、トク島は無主の地ではなく朝鮮固有の領土であり、朝鮮は一度もその領有権と国家的管理を放棄したことがないということです。第2に、ウルン島とトク島は本島と付属島の不可分の関係にあり、朝鮮はトク島についての明白な領土認識を持ってトク島を管理してきたということです。第3に、朝鮮の昔の地図にはトク島が日本の島として表記されたことが一度もないということです。このように朝鮮の昔の地図はトク島が昔から朝鮮固有の領土であることを明白に、直観的に示しています。トク島は永遠に朝鮮の神聖不可侵の領土です」
//IKE120208015_12.jpg
//IKE120208015_22.jpg
//IKE120208015_32.jpg

RIGHT:'''2012年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//120622_昔の地図に見るトク島



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS