#author("2017-04-15T18:36:29+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-10-13T15:35:04+09:00","default:pop hok","pop hok")
*尹斗緒と昔の絵「吹きすさぶ嵐を突いて」 [#t012173d]
''ユン・ドゥソ''((尹斗緒(윤두서)))は朝鮮封建王朝時代の17世紀に活躍した写実主義画家の一人です。

''社会科学院歴史研究所''の研究室主任''ウィ・グァンナム''博士のお話です。
>「ユン・ドゥソは優れた芸術的才能による独特な画風を創造しました。鋭い観察と真摯な探求で真実を探し出し、物事をありのままに描きましたが、その絵には人間の生活と自然現実の美しさを肯定し、リアルに表現しようとの見解が見事に表れています」

ユン・ドゥソは風景画、動物画に長け、特に人物画で頭角を表しました。「''吹きすさぶ嵐をついて''」と言う絵がその代表作です。吹きすさぶ嵐をついて馬を駆る武士の姿が芸術的に立派に描かれています。広野を疾走する馬と武士の瞬間的な急激な姿勢、心理的な動きに、当代の人たちの勇猛さ、豪快ではきはきした気質が伺われます。

このようにユン・ドゥソは、躍動的な構図と才知に長けた画面、線と色の巧みな使用によるユニークな画法で人間の生活と自然現実の美しさを立派に表現した優れた画家でした。

RIGHT:'''2016年の記事'''
LEFT:[[ユン・ドゥソとその絵]]
#clear
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS