#author("2020-06-10T16:26:45+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-06-22T15:44:32+09:00","default:pop hok","pop hok")
*透かし彫りの飾りもの [#ve9d2a3a]
太陽を象った金銅製の透かし彫りは、''コグリョ''、高句麗時代の工芸品です。長さ22.8センチメートル、高さ15センチメートルで、半円型の金銅板を偏ってやや抑えるような形をしています。少し太めの底辺の帯と細めの弓状の帯で縁をとっています。飾りものの中心の、玉模様を挟んで円を成している2つの線の中に、太陽を象った3足の烏がデザインされています。

''社会科学院考古学研究所''の主任、博士''キム・インチョル''さんのお話です。
>「太陽を象った金銅製の透かし彫りにコグリョの人の工芸術の高さがうかがえます。コグリョの職人たちは、透かし彫りの立体感を生かしながら、3足の烏と鳳凰、火などの模様をデリケートに打ち抜いて、きわめて精緻な描写の効果を出しています。分けても、透かし彫りと伝統工芸の装飾、黄金色と赤紫色の自然な合体で、コグリョの工芸術の高さが垣間見られます」

作品は、独特な形と飾り模様、立体感のある表現手法、デリケートな技巧をそのまま表しており、中世朝鮮の代表的な金属工芸品の1つとされています。

(観光)

#ref(ike200506037_001.jpg,wrap,160x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2020.06.08)
//200621_透かし彫りの飾りもの

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS