#author("2021-09-14T20:01:07+09:00","default:pop hok","pop hok")
*農業の機械化 [#b1c30180]
''カン・ソンヒ''(カン・ソニ):農業の機械化、こう題してお話します。

朝鮮労働党第8回大会では農業部門で農業の機械化を主な戦略的課題として堅持する事が強調されました。朝鮮では前々から農業の機械化を農村技術革命の重要な課題の1つとして打ち出しました。しかし農産作業には未だ手労働が少なからず残っており労働力も十分でありません。

こうした状況下で農業の総合的機械化を推進せずには農業勤労者を困難で骨の折れる労働から解放するのは元より、全ての営農作業を科学的・技術的要請に即して適期に質的に行う事が出来ません。更に大々的な二毛作の為にも農産作業の機械化の比重を一層高めなければなりません。

国の地形と朝鮮人の体質に合い多機能化と多用途化・総合化・標準化・規格化が実現した農業機械を、もっと多く開発するのに研究チームが集中されています。また各地に建てられた農業機械工場では、どんな農業機械も意のままに生産出来るよう生産の土台を強化しています。

国内の技術力で近代化を推し進め、省力・省エネ・コストダウン・敷地節約型の生産構造の完備に特別関心が向けられています。各市・郡の農業機械作業所と農機具工場、部品の生産及び修理施設でも物質的・技術的土台の強化に力が入れられています。

2021年から2025年までの5ヵ年計画期間に農業機械部門では、農産作業の機械化の比重を画期的に高める為のしっかりした土台が築かれるでしょう。

農業の機械化、こう題してお話しました。

(政策)

RIGHT:'''2021.09.13 サイト音声の聞き書き'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(政策)
//(210913 サイト音声の聞き書き)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS