#author("2021-09-09T21:02:58+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-11-22T18:24:19+09:00","default:pop hok","pop hok")
*輪がついた柄の長剣 [#m211cb3e]
''輪がついた柄の長剣''は三国時代の遺物です。三国は封建国家だった高句麗、コグリョと百済、ペクチェ、新羅、シンラ、この三つの国を意味します。

歴史記録によりますと、コグリョは紀元前277年から紀元668年まで、ペクチェは紀元前1世紀の末ごろから紀元660年まで、シンラは紀元1世紀の半ばごろから紀元935年まで存続したと言います。

社会科学院の考古学研究所の主任''チェ・スンテク''さんのお話です。
>「輪がついた柄の長剣は、コグリョの人たちが初めて作って利用した武器の一つです。コグリョ時代の複数の壁画古墳と遺跡から知られました。特徴なのは柄の端が丸い輪の形をしていることです」

輪がついた柄の長剣は、その柄の端の輪が一般の輪、竜の形をした輪、三つの葉の形の輪などからなっています。

この長剣には、三国時代の武器の発展水準と工芸術、当代の人たちの趣味と風習が反映されています。

(観光)

#ref(ike210810031_001.jpg,wrap,145x120)

RIGHT:'''2021.09.08の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2021.09.08)
//211121_輪がついた柄の長剣

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS