#author("2021-07-24T19:29:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-07-04T20:31:06+09:00","default:pop hok","pop hok")
*英雄たちの業績を永遠に輝かせて [#qb515106]
ピョンヤンのソクバク山の麓に''祖国解放戦争参戦烈士の墓地''((祖国解放戦争烈士霊園(조국해방전쟁참전렬사묘)))があります。

チュチェ102(2013)年、祖国解放戦争勝利60周年を迎えて建設されたこの墓地には570数人の烈士が安置されています。朝鮮労働党は敵との苛烈な戦いで偉勲を立てた英雄の戦士たちを数十年間忘れず、烈士たちの偉勲が永遠に輝くようにしました。

祖国解放戦争が始まった翌日のチュチェ39(1950)年6月26日、敵のトーチカを塞いで部隊の突撃路を開いた''チャン・テファ''さんと女性の身で手りゅう弾の束を抱えて敵の戦車めがけて突進した看護婦の''チョ・スンオク''さん、敵の大軍の攻撃を3日間もけん制して最高司令部の戦略的意図の実現に寄与した''リ・デフン''((李泰運))さんと''キム・ハクシル''、''ホン・チョイ''、''チェ・ジョンボ''、''カン・ホヨン''、''チョ・グンシル''さんなどなど。

烈士たちにはみな共和国英雄称号が授けられています。各々、生まれ育った故郷も異なり、戦死した日もまちまちですが皆が永遠に朝鮮労働党の許にいるのです。

祖国解放戦争参戦烈士の墓地の管理所の解説係''キム・ピョンヒ''さんはこう語ります。
>「人民軍烈士の偉勲と人生を輝かす敬愛する最高指導者金正恩委員長は祖国解放戦争参戦烈士の墓地の建設を直々発案し、場所まで定めました。そして昔から墓には墓の主がいますが、祖国解放戦争で犠牲になった有名無名の人民軍烈士の墓の主はほかならぬ労働党だとし、参戦烈士の墓地を立派に建設するよう詳しいことを教えました」

金正恩委員長は墓地の建設を現地で指導し、人民軍烈士の墓地を立派に建設するのは祖国解放戦争の参加者を革命の先輩として尊敬し、その革命精神と闘いの業績を代を継いで輝かすうえで重要な意義を持つと言いました。そして、新しい世代の青少年をはじめ人民に前世代の闘いの業績と集団的英雄主義、愛国主義の精神を深く植えつけるようピョンヤン市だけでなく、各道都にある人民軍烈士の墓地も立派に築かなければならないと言いました。

参戦烈士の墓地の門柱と人民軍烈士追悼の塔、献花台と群像をはじめ、ひとつの象徴物、ひとつの墓碑にいたるまで全てのところに金正恩委員長の心血が注がれています。

今、祖国解放戦争参戦烈士の墓地を多くの勤労者と海外朝鮮人、訪朝客が訪れています。偉大な指導者、偉大な党の許で国が覚え、人民が忘れない祖国解放戦争参戦烈士の人生は始まりはあっても終わりはありません。

この真理を祖国解放戦争参戦烈士の墓地はここを訪れる人々の胸に深く刻み付けています。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190715010_727.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190715010_830.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190715010_835.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[祖国解放戦争参戦烈士の墓地]]、[[祖国解放戦争勝利記念館]]、[[勝利の歴史に印された大衆運動]]
LEFT:[[永遠に生きる]]、[[祖国解放戦争参戦烈士の墓地]]、[[祖国解放戦争勝利記念館]]、[[勝利の歴史に印された大衆運動]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2019.08.31)
//190921_英雄たちの業績を永遠に輝かせて

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS