#author("2019-06-07T16:38:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
*老人の話も大切に聞く [#g666a24d]
偉大な金正日総書記がチュチェ56(1967)年6月のある日、ピョンアン南道((平安南道(평안남도)))のある協同農場を訪れたときのことです。この日、総書記は水田のへりである老人に会いました。限りなくやさしく謙虚な人柄に惹かれた老人は、自分の暮らし向きについて率直に話しました。

総書記は、食生活についても聞きました。老人は、答えることをためらって、助けを請うかのように周りの人たちを見回しました。その気持ちを察した総書記は、かまわないからと安心させました。

老人は、今は生活に不自由なものがないが、食用油が少し足りないです、ここはゴマがよく育ちますから、ゴマを植えたら、多くの食用油が得られますと、自分の考えを耳打ちしました。

その話に耳を傾けた総書記は、農村で耕地以外の土地に油脂作物を植えたらそこからも多くの油が得られると、同行した人たちに言いました。そして、手配を綿密に行って人民の食用油の問題を十分解決すべきだと改めて念を押しました。続けて、老人に、今日、本当に重要なことを話してくれましたと言いました。

この話は1つのエピソードに過ぎませんが、普通の人民の話も心にとめる総書記の偉人の風格を見せる感動深い話として人々の胸に深く刻まれています。

(偉人伝)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190520004_001.jpg,wrap,150x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190520004_002.jpg,wrap,196x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2019.06.06)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS