#author("2020-01-19T18:06:36+09:00","default:pop hok","pop hok")
*老いてなお盛ん [#a8b88041]
朝鮮では毎年''国際敬老の日''を迎えて、年寄りたちのための祝賀公演とか多彩なスポーツ娯楽競技が行われています。

昨年9月、ピョンヤンでは市内の高齢者およびファンのバドミントン試合が行われましたが、その中には2つの金メダルを獲得した60代の年寄りもいました。その人は、高齢者級の男子ダブルスと混合ダブルスに出場した''ラ・ヒョン''さんです。

ラ・ヒョンさんは美術家でした。ラさんの作品は他の国の専門家とファンの間に少なからず知られています。絵筆の代わりにバドミントンのラケットを持ち替えて試合に出るようになったいきさつは何でしょうか・・・

ラさんは5年前からバドミントンをし始めました。アトリエで創作に励んで、その合間にバドミントンをする楽しみとはなんとも言いようのないものでした。創作の意欲にも燃えました。それに家の周りはもちろん、どこにでもスポーツ公園があって、いつでもバドミントンをできます。

ラさんは休みの日には息子を連れてバドミントンをしましたが、スポーツが好きなラさんは息子に劣りませんでした。定年以後、バドミントンコートで過ごす時間がだんだん長くなり、テクニックも伸びました。それで昨年は市クラスの試合にまで出たのです。

ラさんのお話です。
>「私はバドミントンだけでなく、卓球、テニス、バレーボールなどスポーツといえば何でも好きです。60が過ぎた今もスポーツ公園に付きっ切りです。運動をすると体がすっきりして気分も良いし、本当に良い点ばかりです。それに高齢者とかファンのスポーツ競技はスポーツ熱を盛り上がらせます。いまでも負けず嫌いの若いときの性格に変わりはありません」

ラさんの家に行ってみますと、金メダルと賞状が並んでいますが、それらはラさんと息子さんが卓球とテニス、水泳など複数の種目の国内競技で受けたものです。若いときは美術家として名を馳せ、今はバドミントンの金メダル受賞者です。

朝鮮に「''老いてなお盛ん''」という言葉がありますが、ラさんの場合がまさにそのとおりです。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191211011_001.jpg,wrap,218x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191211011_002.jpg,wrap,218x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.01.18)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS