#author("2020-01-23T18:55:17+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-03-14T20:35:33+09:00","default:pop hok","pop hok")
*美術アトリエセンター [#z6ac6bb2]
人間と自然を視覚的・空間的に表現する美術は人間の生活を情緒豊かに美しく飾ります。個々の国と民族は自分固有の美術の伝統を受け継ぎ発展させています。平壌には国の美術の発展を促す''アトリエセンター万寿台創作社''があります。

チュチェ48年(1959)11月17日に設立された万寿台創作社は、60年もの間誇らしい発展の道を歩んで来ました。偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の細心の導きの下、複数の創作団と付随施設を持つ美術アトリエセンターに発展し、多くの創作家が人民芸術家・功労芸術家の称号を受けています。今、万寿台創作社は敬愛する最高指導者金正恩委員長の正しい導きの下、チュチェの美術の発展の新しい全盛期を開く上で大きな役割を果たしています。

万寿台創作社には朝鮮画、油絵、彫刻、陶磁工芸、書道、刺繍等の専門的な創作団があります。朝鮮画は朝鮮人民の豊かな民族的感情と情緒を表わし、ビビッドな現実を描き出す素晴らしい絵画形式として世界に広く知られています。朝鮮画創作団では人々の幸せな生活をテーマにした絵や、躍動する現実を反映した色々なテーマの名作を数多く創作しました。

朝鮮画創作団の室長、人民芸術家''チェ・チャンホ''さん。
>「朝鮮画と言いますと、朝鮮人民の豊かな民族的情緒を盛りながら簡潔かつ繊細な画報で、ビビッドな現実を描き出す朝鮮民族特有の迫力あり美しくエレガントな絵画形式です。民族固有の名を持つ朝鮮画のような美術形式を持つのはこの上ない誇りで、それをさらに発展させるのは私たちの使命です。朝鮮画の生命力溢れる『カンソンの夕焼け』を始め優れた作品は、朝鮮の美術を世界に誇り示したはっきりした証左となります」

朝鮮画「カンソンの夕焼け」と「海クムガンの波」、「チルボ山の秋」等の名作は朝鮮人民の情緒と美観に合うよう彩色画の新たな境地を切り開いた事で、世界に大きな波紋を投じています。

創作社では油絵も朝鮮人民の美観と情緒に相応しく発展させています。油絵アーティストはユニークな技法を編み出して油絵の特色を生かす一方、思想的・芸術的水準とその発展振りを十二分に示しています。

油絵創作団の創作家、人民芸術家''ホン・ソンイル''さん。
>「朝鮮で油絵の歴史はそれほど長くありません。しかし、私たちは朝鮮人民の感情と情緒に合わせ、作品に人間の生活をリアルに反映するため努めています。私は数年前、ロンドンで行なわれた朝鮮美術展に参加し、数点の作品を出品しました。イギリスの人たちは私の作品を見て特色のある作品を出した秘訣について聞き、朝鮮の油絵の高い水準に簡単を禁じえませんでした」

創作社では長い歴史と伝統を持つ伝統工芸である陶磁器と刺繍の創作でも、れっきとした発展振りを見せました。世界的に広く知られた陶磁工芸家である''ウ・チソン''さんと''イム・サジュン''さんも万寿台創作社の創作チームの一人でした。今はその子孫達が代を継いで陶磁工芸の創作に知恵と情熱の限りを尽くしています。

陶磁器創作団室長、功労芸術家''ウ・チョルリョン''さん。
>「早くから祖先は色と文様、形が優れていて世界の人々に珍重される高麗磁器を造り出してその名を轟かせました。この優れた伝統と遺産を引き継ぐのが私たち陶磁工芸に携わる人たちの本分だと思います。それで陶磁工芸の創作に知恵と情熱の限りを尽くして、民族文化の宝庫を一層豊かにするため努めているのです」

刺繍創作団団長、功労芸術家''キム・ミラン''さん。
>「刺繍は糸と針さえあれば誰にでもできる伝統芸術の形式のひとつとして発展して来ました。特に朝鮮の女性たちは昔から刺繍を好みました。それで刺繍品には才知に長け、外柔内剛な朝鮮の女性の美しい品性が反映されていると言われています。私たちはこれまで優れた刺繍作品を創作して国際的な展覧会に出していますが、多くの人たちが作品に心を奪われていました」

1980年代、新しい形式のユニークな美術のジャンルとして世界に自分の存在をはっきりと表わした朝鮮宝石画もこの創作社で発明されました。

朝鮮の至る所に建てられたモニュメンタルな建造物には、万寿台創作社の人達の思索と情熱が込められています。平壌にある千里馬銅像と凱旋門、チュチェ思想塔、そして人民文化宮殿と人民大学習堂、東平壌大劇場等の建築の外と中に施された多様な美術作品にも、歴史遺跡である檀君王陵と東明王陵、王建王陵をはじめ建国始祖の王陵にも、万寿台創作社の人達の努力が込められています。

世界屈指のアトリエセンターである万寿台創作社を多くの訪朝客が訪ねています。一同、美術作品と美術作品の創作室を見て驚くばかりです。

>「このように素晴らしい創作社を持っている事に驚きました」&br;
「このような創作社は世界にまたと無いでしょう」&br;
「創作社は偉大な金正日総書記が美術の創作家達にどれほど深い関心を持っていたかを、そのまま実証しています」&br;
「万寿台創作社を見て朝鮮の文化芸術が総書記の導きの下、百花が満開になるように盛んに発展した事に気付きました」&br;
「この美しく優雅な作品は世界人民の心の中に末永く残るでしょう」

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_01.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_02.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_03.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_04.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_05.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_06.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_07.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_08.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_09.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_10.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_11.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_12.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_13.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_14.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_15.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok191123_16.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019.11.23 サイト動画の聞き書き、字幕抜書き'''
#br
LEFT:[[万寿台創作社]]、[[朝鮮画>た行#aa27f598]]、[[油絵>あ行#j2ca0554]]、[[刺繍「虎」]]、[[刺繍「不滅の花 金正日花」]]、[[母の日の祝賀状のデザイン]]、[[焼き物の工芸「モンランの花の飾り付けの花瓶」]]&br;
[[凱旋門>ケソンムン(凱旋門)]]、[[チュチェ思想塔>チュチェ思想塔(主体思想塔)]]、[[人民大学習堂]]、[[タングン王陵]]、[[トンミョン王陵]]、[[改築されたトンミョン王陵]]&br;
[[凱旋門>ケソンムン(凱旋門)]]、[[チュチェ思想塔>チュチェ思想塔(主体思想塔)]]、[[人民大学習堂(資料)]]、[[タングン王陵]]、[[トンミョン王陵]]、[[改築されたトンミョン王陵]]&br;
[[偉人の下で生まれた朝鮮宝石画]]、[[偉人の下で輝く朝鮮画]]、[[創作者と一緒に撮った写真]]、[[彫刻と共に60年間]]、[[忘れられないその日を思う]]、[[有名な壁画創作チーム]]、[[画家の家庭の幸福]]、[[風景画の名匠]]、[[朝鮮画「ペクトゥ山の天池の冬」]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(191123 サイト動画の聞き書き ije191004009.mp4)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS