#author("2017-11-21T18:59:19+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2017-11-26T13:25:47+09:00","default:pop hok","pop hok")
*美しい夢を見る少女 [#i37e2d53]
童心に美しい夢が映えるといいます。

ピョンヤンのチュン区域((中区域(중구역)))のリョングァン高級中学校に通っている''イム・ヘジョン''さん。イムさんには幼年時代から抱いている美しい夢があります。立派な詩人になることです。

幼稚園時代から文学の神童として知られたイムさんには何冊かのノートがあります。一つの作品集みたいで、また分析集見たいなノートにはイムさんの成長の過程がそのまま秘められています。

イムさんは普通の生活の中でもテーマを引き出し、色々な面から分析して、文学的に表しました。これが繰り返される過程に、イムさんの文学的才能はめきめきと伸びました。

毎日、通う学校とはいえ、イムさんは自分の思いがそのまま込められた童詩「学校の思い」を作って先生を驚かせ、敬愛する金正恩元帥の熱い愛情を詠った童詩「お日様の歌」を作って友達の絶賛を博しました。

普通の生活の中での新しいものを発見し、比較分析の能力と豊かな語彙の駆使能力が並外れているイムさんの才能と夢を大事にした担任教師はイムさんを文学創作へと導きました。

毎日のエチュードを一つ一つ見て、その創作的個性を生かしてあげる一方、一つの作品にも朝鮮の社会主義制度に対する感謝の念とありがたいこの国を守ってくれる元帥への衷情の思いをリアルに表す能力を培ってあげるため情熱の限りを尽くしました。

このように成長したイムさんは先日、敬愛する金正恩元帥に作品集「''お日様の歌''」を送りました。

チュン区域リョングァン高級中学校の生徒イム・ヘジョンさんのお話です。
>「私の小さい夢を大事にしてくれるありがたい社会主義の国があるので、私は思う存分、才能を伸ばすことができました。優しい先生と友達もエールを送ってくれました。これから立派な詩人になって、何羨むものなく立派に育てるありがたい社会主義のこの国をいつまでも詠い続けようと思っています」

イム・ヘジョンさんは夢と希望の全てを育んでくれる社会主義制度を高らかに誇る立派な詩人になるため、一生懸命勉強しています。

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE171009012_001.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE171009012_002.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2017年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//171125_美しい夢を見る少女

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS